ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HOUSE 吹替開始

とうとう、HOUSEの日本語吹替え版が2月から始まります!

もう、HOUSE以外の声優はこの際贅沢いいません。

お願いだからHOUSEの声がミスキャストにならないように
それだけはそれだけは…!!!!

CSIマイアミみたいに、ピッタリ、むしろ吹替派が出る程になれば
いいのになぁと思いますよ。

ホレイショについては、吹替、字幕両方ともあり!
カリーちゃんも両方ありなんですよねー。
地声もかわいいカリーちゃん、いいですね。

さて、ミステリチャンネルでは2月8日から
「Wire in Blood 血の桎梏」の新シリーズが始まります。
これも見逃せません。
むしろこっちの方が気になっています。
パートナーが変わってのが私には結構ショックなんですけど…
イギリス人女性でいいなぁと思う人、あんまり美人じゃない人多いなぁ。
お国柄?フランスものは綺麗な人多いのに。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/19(土) 21:59:03|
  2. 海外ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボストンリーガル

今更ながら「ボストン・リーガル」にハマりました。

「HOUSE」のシーズン2が終わってしまって
FOXで何も見るもんないなぁと思ってたんですが…

「ボストン・リーガル」


「アリーmy ラブ」のプロデューサー
デヴィッド・E・ケリー製作の弁護士ドラマです。

もともと、「アリー」自体、「プラクティス」という
本格弁護士モノのスピンオフなわけなんですけど。
アリーの勤めている事務所は民事専門の弁護士事務所。
プラクティスは刑事事件を扱う事務所という違いがあり
後者はかなりシリアス路線のドラマでした。

経営もなかなか難しい弱小事務所が頑張る話だった
プラクティスは長く続いたんですが、最終シーズンに
ジェームス・スペイダー演じる
「アラン・ショア弁護士」が事務所に入ってきます。
こいつが、弁護士のクセに脅迫、セクハラなんでもアリの
弁護士で、同僚にトラブルを起こしまくります。
で、アラン・ショアは事務所をクビになるんですが…

クビになった後、大手弁護士事務所で勤務するアランが主役の
「ボストン・リーガル」につながります。

要するに、アランがプラクティスのメンバーを取って食っちゃった形に
なったわけですねぇ。スペイダーはこのプラクティスで
エミー賞だったかもらってますし。

アランを演じているのが
「ぼくの美しい人だから」「クラッシュ」の
美形俳優ジェームズ・スペイダー。
ひねくれた役がかなりハマり役です。

事務所を率いているのがウィリアム・シャトナー。
そう、カーク船長です。これがまたかなりいい味を出している。

そういうわけで今年からこれを攻めてみていきますよー。

アメリカって、「結果を残す為ならイリーガルな事も何でもやっちゃう
ヒーロー」を今望んでるんでしょうかねぇ。
HOUSEもそうだし…http://www.foxlife.jp/bangumi/boston_legal/index.shtml
  1. 2008/01/06(日) 15:06:58|
  2. 海外ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CSI vs Taggart

CSI vs Taggart

私とおんなじような事考える人がいるんだなぁと思うと嬉しいわ…
  1. 2008/01/06(日) 00:37:51|
  2. 海外ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2