ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

傷だらけの天使一挙放送!

ファミリー劇場の来月のおすすめ↓

傷だらけの天使一挙放送

ようやく全編録画する事が出来そうです…

これでDVDで観る事ができるよ…

皆さんいいチャンスですから是非録画してください!

感想ブログは録画完了後全編させていただきたいと思います。
今度はちゃんと順番にイチから書きなおそうかなー。

銀河英雄伝説も大好きだし
何より宇宙戦艦ヤマトが大好きだし
もうファミリー劇場やばいね。マジで。私の為にあるようなチャンネルだわ。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 23:54:26|
  2. 傷だらけの天使
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

柳生十兵衛22話

「決斗 鍵屋の辻」

全編ほぼ緒形拳が主役でした。
でも要所要所に十兵衛様もご活躍そしてお美しいお姿にて登場し嬉しかりけり。

日本三大仇討である鍵屋の辻の決闘はウィキに詳しく出ていますので
こちらを参考にしてください。

相変わらず脚色はしてあるもののきちんと史実を踏襲していてほんと凄い!
暴れん○将軍のようにトンデモ時代劇じゃないんですよーほんと感心しちゃう。

又右衛門の義理の弟の渡辺源太夫が藩士河合又五郎に殺される事で事件は起こります。
源太夫がお嫁さんを取る結納の日に斬られてしまうわけですが
又五郎が源太夫のお嫁さんに横恋慕したという事になってました。

実際のところは、源太夫が藩主のお稚児さんで(男だけど愛人扱い)
源太夫を好きになってしまった河合又五郎が関係を迫って断られて
キレて斬っちゃったんですが衆道とか、話ややこしいですからね、
伏線で結婚の話が進んでいるという事にしてお話をシンプルにしましたね。

源太夫は岡山藩主のお気に入りだったわけで兄である数馬に上意討ちを命じて、
相手方の又五郎は逃亡の後、旗本にかくまわれる。
外様大名対旗本の戦いにまで発展しちゃった!

又五郎のDQNな行動により叔父さんやら義理のお兄さんまで
巻き込まれてもうね、家族は大迷惑ですよ!
まぁ斬った時点でお家がお取り潰しとかだってあるわけで
な ん て こ と を し て く れ た
って話ですお!

又五郎のお姉さまがかわいそうで…しかもお姉さまの旦那様
桜井半兵衛、ちょっとカッコイイ。いやー感情移入しちゃう。

今回の緒形拳演じる荒木又右衛門ですが
えっらい真面目なんですよねぇ…大真面目。
あっけらかんとしていた又右衛門はどこへ行ってしまったのか。
工藤栄一監督だとシリアスになっちゃうから、いや、カッコイイのは認めるけど
なんかもう少しホッとする場面があってもいいような…

あと、門弟がどうしても連れてってくれ!!!!とお願いするシーン、良かったです。
それにしてもおみね殿「私も連れてって!」とかアホ抜かすかなーって思ったら
えらいものわかりが良かったなぁ。

気になったのが、去る時に又右衛門じゃなくて数馬に声をかけて去ったこと。
あれ、あんたあんだけ又右衛門好きだったのに、「ご武運を…!!!!」
とか見つめて去らないわけ???結婚しちゃったらもういいわけ???

鍵屋の辻で斬りこみに行くシーン、茶店で待ち伏せをして
来た合図に門弟に小唄をうたわせる。あぁ、粋だ。
粋と緊張が混ざり合ってすごく良かった!しかし茶店はえらい迷惑だよ!

さっきも書きましたけど桜井半兵衛がちょっと好みだったので
史実とは言え死んじゃうのは寂しい…
しかも「槍をー!槍をー!」って肝心な時に槍持てなくて隙つくりまくって死んじゃうのは
なんというか槍がいかに戦闘向きじゃないかって話になっちゃうよなー。
まぁそういう為のものじゃないんだろうけども。

同じ剣術指南役の河合甚左衛門との戦いは、ちょっと普通に会話した後に
剣を交えるあの演出、私はグッと来ました。
お互い同僚だったわけで、でも剣の道を究める者同士そこはシビアに戦う。
いいですねぇ…

そしてその戦いは又右衛門側の勝利。
又五郎へのトドメは数馬に討たせて幕が降りる。

最後、門弟がきちんと最後まで生き残るか心配で
数を数えてしまいましたよ。2回見直しちゃいましたよ。

荒木又右衛門といえば剣の達人として有名ではあるのですが
先週までの又右衛門を見ていると、
まだまだあの時は発展途上だったように思えます。
いきなり偉い強くなっちゃったなぁ。

まぁ実際2年越しだった話を1時間で終えちゃうんだから仕方ないですかね。

今回、主役柳生十兵衛さまは完全に補佐役として動きます。
そして偉いまた足が速い。
決闘の場所だった津藩の藤堂家は、実際又右衛門達に支援をしていて
情報提供や兵の配置などをしていたわけですが
十兵衛がその後押しをしていたとは全くあっぱれな脚本です。
ほんとに見事に主要なキャラクターを矛盾無く動かしていて
実際そうだったんじゃないかって思ってしまいますよ。

十兵衛の左目が切れてなーいシーンとか出てきて
やっぱりカッコイイなぁ。美しいなぁとときめいてしまいました。
それとやっぱり又右衛門は天然にカラカラ笑った姿が好きでした。
田中邦衛が登場してくれたらホッとしたのになー。

  1. 2008/11/26(水) 15:11:15|
  2. 柳生十兵衛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斜陽のおもかげ@チャンネルNECO

斜陽のおもかげあらすじ

キャスト
吉永小百合 (木田町子)
新珠三千代 (木田かず子)
岸田森 (谷山圭次)
芦田伸介 (谷山新一郎)
高杉早苗 (谷山千賀)
笹森みち子 (岡見安子)
北林谷栄 (つる)
三津田健 (津田文蔵)
藤田けい子 (津田千代)
藤田尚子(津田正子)
鈴村益代 (おたつ)
相原巨典 (試験主任)
玉村駿太郎 (試験員甲)
広瀬優(試験員乙)
日色恵 (田中貞次郎)
小池朝雄 (ジャーナリスト)

新珠三千代と岸田森と芦田伸介ってこれ「氷点」じゃないの!?
というキャスティングに惹かれて視聴。
吉永小百合が元気いっぱいの女の子(前半まで)役で好感が持てました。
そして岸田森は芦田伸介の息子役で将来を嘱望されている(末は政治家)で
東大で太宰を研究している文学青年です。
それだけでもなんか「氷点」みたいなんだけど。
芦田伸介も同じような役どころだったし。

圭次(岸田森)が太宰の娘である町子(吉永小百合)を
早い話ナンパするんだけど(いや、ものすごく文学的にかつ至高な雰囲気でwww)
私にとってはもう「あの」吉永小百合の相手役になっている岸田森を見るだけで
もう狂喜乱舞ですよ。しかも結構出ずっぱりだし。

太宰の愛人で町子を産んだ母親役が新珠三千代なんだけど
もうほんとに美しくて美しくて…声も艶があって
役は太宰の愛人だった頃のノロケ話をしまくる若干イタイ役なんだけど
三千代様が演じるとかわいらしく見えてしまうのですよ!
小百合対三千代なら断然三千代様の方が凛として美しいよー。ほんと。

後半、小百合さんが太宰の生まれ故郷の津軽を訪れるんだけど
昔斜陽館は旅館だったんですよねー、今は記念館になっちゃいましたけど。
そこに現れる北山谷栄はやっぱりおばあさんwwwww
この人、老け役ばかりとは聞いていたけどやっぱり老け役wwwww
むしろ「大誘拐」の時の方が若々しく見えるよ!?

ラストはまさかのハッピーエンドでした。絶対最後圭次と町子は悲惨な別れ方をすると
思っていたのですが、そのあたりは満足です。
結構とばして見てしまったので時間がある時にきちんと細部を見てから追記したいと思います。
  1. 2008/11/26(水) 15:00:25|
  2. 岸田森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山口崇の息子さん

俳優、山口崇氏のご子息は長唄奏者でいらっしゃいます。

杵屋巳津也HP
http://www.nagauta.com/mitsuya/index.html

山口崇ご本人も杵屋巳楓という名で名取でございます。娘さんも同じく巳織という名で
長唄を。

巳津也さんはやっぱりお父様に似ていますね!

ところで、加藤剛、山口崇と言えば、「大岡越前」ですが
お二人は「風と雲と虹と」でも平小次郎将門、平太郎貞盛という従兄弟同士の役で
共演しております。
ちなみに藤原純友は緒形拳なのですよー。熱いですよね!!!

で、加藤剛さんの息子さんは加藤小次郎さんというのです。そして山口崇さんの息子さんは
山口太郎さんというのです。(巳津也さんのことです。太郎の名前で出演する場合も有。)

加藤剛は「平将門から付けた」的な逸話をネット等で見かけるのですが
山口崇はどうなんでしょうかー!?

話は戻りますが、巳津也さんのHP、
掲示板が荒れていて放置状態かな?と思いきやどうやら復活している様子。
是非舞台で拝見したいものです。
長唄習ってる友達に情報をもらうよう手配済なのじゃー。ははは。
  1. 2008/11/14(金) 00:32:21|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柳生十兵衛21話

20話を録画し忘れました…orz
天知茂が見たかった…

さて、21話ですが「おしかけ花嫁」です。
しょっぱなから川谷拓三が出てて嬉しかった~。ちょい役でしたけど。

ミニエピソードが満載で面白い回でした。
田中邦衛の三九郎が出てくると画面が明るくなりますねぇ。
ただ編集がおかしいのか、間延びした印象でした。
女中が泥棒した話、いらないんじゃ。
でも邦衛はもっとみたい。一緒にいけばいーじゃーん。もー。

ところで小鶴殿の出番は一体なんだったんでしょうか!?
前半見てるとわかるんでしょうね。途中から見始めたので残念です。
帯放送が始まったら全録しなくては。

緒形拳演じる荒木又右衛門再登場。今日のほぼ主役。
又右衛門を演じてる時の緒形拳は生き生きしていていいですねぇ!
寡黙な役どころが多いから若干敬遠していたけど
藤原純友と又右衛門はほんといいわー。

今回はおしかけてきた岡山のみね殿と祝言をあげるまでのお話。
みね殿が結婚したい!って言ってるのに
頑なに断る又右衛門かわゆすー!!!なんというツンデレ。
まぁ十兵衛も旅先の女子には優しいのに、本命にはツンデレですよね。
でもみね殿はお父さん譲りなのか頑固すぎ!
ずっとおとなしく待っている姿も可愛げがあるというより若干うざいですよ!
もう少し可愛げが見えるところがあったらよかったんだけど…

今回の私的な見所は十兵衛と又右衛門との稽古です!
もうね、山口さんが棒術の構えをしているところ、カメラアングルの妙だけれども
なんだか絵に描いたように美しすぎて。重心がきちんと取れていて。
多少、普段の殺陣とは勝手が違ってやりにくそうだなぁとは思いましたけど
かっこよかったー。

結局又右衛門がどこであの間合いに攻めどころを見出したのかがわからなかったから
消化不良~!果し合いに勝ったからいんだけどさー。詰め込みすぎだよー今回。
エピ満載で面白いんだけどさー。もったいない。
あと、又右衛門とみね殿の祝言、唄っているのは山口さんなのかなーと思ったら違った。
美声なんだし聞きたかったわ。

このドラマの良いところはある程度歴史考証してるところですねー。
みの殿との祝言もスムーズな流れでかつ面白おかしく書かれている。
最後に義理の弟の話題が伏線でくるのも歴史好きな私にはグッときちゃいましたー。
ちなみにwikipediaでは又右衛門の妻の名は「みの」とになっていました。
来週は鍵屋の辻ですねぇ。楽しみです。







署名TVにて、
山口崇主演NHK時代劇「天下御免」の映像提供呼びかけ及びDVD化
について、署名活動をしています!1人でも多くの署名をお待ちしております!
リンク先はこちら!
http://www.shomei.tv/project-1081.html

是非ご協力をおねがいします!



  1. 2008/11/13(木) 22:02:17|
  2. 柳生十兵衛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミステリ・サスペンス検定

皆さん、クイズ・マジックアカデミー(QMA)というゲームをご存知でしょうか?

http://www.konami.jp/qma/

ゲームセンターで、全国の人達とオンラインでクイズ大会に挑めるゲームです。
最近は、DSでも発売されています。

全国大会とは別に、検定試験というクイズもありまして、様々なジャンルの検定を受けることが
できます。

最近、始まった検定で

「ミステリー&サスペンス検定」
というのがあるのですよ!

出題は古今東西、小説・ドラマ・アニメなどからの多岐にわたったクイズが出題されます。
最高ランクがSランクで、順にAランク、Bランク、Cランクと認定されるんですが
Aランクの壁が厚い・・・そして高い・・・

コナン・ドイル、アガサ・クリスティあたりはお茶の子さいさい。
エラリー・クインが出てくると嬉しい。
ルブラン作品も読んでたし。レックス・スタウトあたり出てきてもいいのにー!と思うけど
そこはAランク問題に期待です。
西村京太郎サスペンスの十津川警部は誰か的な問題にきちんと三橋達也が出てるのは
嬉しかったなー。
でもアメリカ女性作家とかもうね、全くわからず。
あと国内も興味がないから全然わからなくて…

もうすこし勉強してからリベンジかけます!
  1. 2008/11/13(木) 00:19:18|
  2. 海外ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

柳生十兵衛19話

ファミリー劇場 山口崇主演の柳生十兵衛 毎週見ております。

今回は薩摩藩の郷士制度をなかなかうまく描いているなーと思いました。

上士(城下士)の郷士差別は薩摩藩では明治時代にまで続く連綿たるものだった。

上士の方が身分が高いので、今回のように親同士が今にも喧嘩しそう、という状況
郷士の方が逼塞して終わりでは?と思いつつ、まぁ、わかんないけどね。
実際、本編でも「刃傷沙汰になれば、多くのものが腹を切らねばならぬ」と
殿がいってるわけで、お取り潰しは間違いないよなぁ。

まぁ、郷士はただ上士のいじめにじっと耐えるというほうが本当の姿だったのではと思う。

それはともかく薩摩の郷士なら琉球空手じゃなくて示現流での果し合いになるのでは???
むしろそっちを見てみたかったんだが…
間合いが違いすぎませんかね?

いやー相変わらず山口崇が美男子でもうね、ときめきまくりですよ。
いまや長唄の名取の崇様、都都逸?を歌っている声も素敵でしたねぇ。

伊吹吾郎若いなー。

しかし薩摩の殿様の粋な計らい、いいですねー!!!
  1. 2008/11/10(月) 22:03:41|
  2. 柳生十兵衛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごぶさたしております。

ここんところ、全然日記書いてませんでしたが、ここへ来てまた書こうかなぁと
思ったので復活宣言です。

最近思ったこと。

■「なりたい顔ランキング」女性1位柴崎コウ
とのことだが私がなりたいのは新珠三千代。この人に限る。1日でいいからなりたい。

■結局Dr.HOUSEのシーズン3はなかなか見る元気がなくて脱落…
でも最終回は絶対今週みてやるぞー!と心に誓う。

■やっぱり山口崇が好きだ。

■中日劇場の円歌の高座をみにいかなきゃ。チケットとらなきゃあ。

■シャーロック・ホームズの冒険のCDを久々に聴く。いいなあ。やっぱり。

まぁとりあえず更新してきますわー。
  1. 2008/11/05(水) 23:22:13|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2