ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山口崇インタビュー(S52 グラフNHK)

img015.jpg



聞き手 藤間紀子氏

藤間 大河ドラマで最初にお出になったのは何ですか。

山口 「源義経」です。いま昔のグラフNHKを見てたんですが、なつかしいですね。

藤間 菊五郎さんがまだ菊之助さんでいらした頃ですね。

山口 そうそう。まだ独身だったでしょう。これで藤純子さんと芽生えたんですよね、たしか。(笑)

藤間 これは何年前ですか。

山口 四十一年ですから十年前ですね。ぼくはmともとNHKの養成所にいたんです。俳優座の養成所と
   NHKの養成所と、どっち受けようかなと思っていたらNHKのほうがはるかに条件がいいんです。
   というのは、まず授業料がないんです。俳優座はめちゃくちゃ高いんだな、当時のぼくらとしては。
   それに教材から何から全部NHKでくれましてね。

藤間 どっちかよーく考えた(笑)

山口 NHKの養成所で一年半養成を受けましてね、そのあと「三十人会」という劇団をつくって
   ぼくは新劇がどうしてもやりたくなって、ほかの劇団に行った。
   養成所を卒業したあと、NHKとは研究生契約をしたんです。一ヶ月に一万円ずつくれるんですよ。
   大きかったですね、当時は。NHKのアナウンサーの初任給が一万七千円の頃ですからね。
   それから新劇の研究生になると、なぜかNHKから、もう仕事が来なくなった。
   四年ぐらい来なかったかしら、腹立っちゃってね。今度、出演交渉に来たら「いやだ」って
   蹴ってやるような役者になっちゃうかななんて思って…(笑)
   まあ若気の至りでね、まだ二十三、四の頃です。
   そしたらぼくが結婚した年ですよ。NHKのプロデューサーの合川さんという方から電話が
   かかってきたんです。「どうしてる」っていうから「どうもしてませんよ」と。
   ぼくはぶっきらぼうなんだな。そしたら「次の大河ドラマの出演なんだけどね」そら来た。
   ぼくはきっと主役だと思ってね(笑)。まだ劇団でトンカチ持って大道具なんかやってる頃なのに
   考えてることがでかいよ。「源義経」ってのをやるんだけど、役のことでちょっと相談がしたい、
   と言うから、ああ、これはもうきっと主役だ、(笑)義経なら受けてやらないでもないなんて、 
   いばっちゃってね。そしたら「君、能登守教経っていう役をやってもらいたいんだけれど」
   ぼくはそんな人、全然知らない(笑)

   (略)

藤間 お子さんは山口さんの出ていらっしゃるテレビをご覧になりますか。

山口 「風と雲と虹と」は見たのかな。もう子供たちに不詳でね。要するに、強くないでしょう。
    カッコ悪いんだな。

藤間 貞盛に関してはそうですね。

山口 子供たちは「何だあ、カッコ悪いなぁ。ちっとも強くないじゃないか」なんて。
    強いのがほかにたくさんいるから。これは困っちゃう。
    「いずれ強くなるから待ってろよ」とか何とか言って。

藤間 やってみたいなあなんて…

山口 言わないですね。意識的になるべくさせないようにしているんです。新劇なんかやってもね、
    つまらんですよ。しあんなの、やらせないほうがいい。NHKに入れるように、一生懸命
    勉強させますよ(笑)

藤間 山口さんご自身としては、当分いまのような方向で・・・。

山口 ええ、結局そうでしょうね。新劇の諸先輩みたいに、ああいう舞台活動をやって、
    そのうちに歳をとっちゃうんじゃないかと思う。ただぼくらの場合は、歌舞伎の俳優さんとは
    違って、目指す芸というのが非常に抽象的でしょう。
    歌舞伎の場合、1つの芸の完成というのは、非常に具体的なものがありますからね。
    あれは非常にうらやましい。まぁ、うらやましがるのが間違いなんで、それをなんとか見つけ
    られればと思っています。

藤間  ご成功をお祈りします。いろいろ楽しい時間をありがとうございました。




...グラフNHKから、山口崇さんインタビューでした。
「不詳」って書かれてるけどこれは本当は「不評」だったんじゃないかと。誤植?聞き間違い?

藤間紀子氏は、染五郎や松たかこのお母さんだけど、どっちかってと
長女が一番紀子氏に似ているのね…


藤間氏のコメントが面白くて
「映画やテレビで次々と女優さんを総なめしている山口さん、
 お会いしてみたら、なんだか未だ早稲田大学の学生さんと
 お話しているみたいに純粋でお若いのにびっくり。
 ご家庭では、来年六年生になられるお子様の勉強をみてあげるために
 六年生の教科書を集めて、今、購読中とか。
 中々厳しいパパのようです。お仕事がお忙しいのか。少しお顔の色が
 お悪いのが気になりました。四月からは、劇団「芸能座」の公演が
 はじまるそうで、お体を大事になさって、益々のご活躍をお祈りします。」

お顔の色が悪い…w
私のお知り合いの方がタイムショックに出場したときに山口さんと顔を合わせた際の感想も
「顔色が悪かった」なんですが、山口さん、大丈夫だったんだろうか…
今はそんなこと思わないけどなー。





4ページにも渡っていろいろな話をされています。
他のところでも語っておられましたが、学生運動にのめりこんで、就職を逃してしまうんですよね。
なので、やむを得ず演劇の道で食べていこうと決心するわけですが、だからかもしれないんだけど
少し演劇に対して距離を置いてみてますよね。御本人のめり込むタイプなのにね。
あと、いいところの生まれなのに、妙にお金にシビアですねw

ラストの、歌舞伎には完成までに具体的なものがあるが新劇にはない。と言う言葉が印象的ですね。
これもまた、非常に客観的だとは思うのですが、山口さんが求めるものが結局は長唄に行き着くのも
道理だなぁと思いますね。また、お子さん達への教育方針、ここが私、
山口さんがすごい好きなところなんですけど、「新劇なんて、つまらんですよ。」
というね、ほんと素晴らしい。子供たちにはやっぱり意識的にあの業界へ入れないようにしていたんだなぁと。
うーん素晴らしい!他の二世タレント輩出している親どもに読ませてやりたいわー
この雑誌から30年以上過ぎているわけですが、私が生まれる前の雑誌ですけども、
山口さんが語る展望というものが今の山口さんにはどう映るんでしょうね。興味があります。


  
スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 13:55:08|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

貴金属刑事からHDデジタルについて考える



貴金属刑事のCMの良いところは、エフェクトによってその画質を当時の刑事ものの画質に合わせたことだ。

今は撮影の技術が発達していて、クオリティの高い映像を楽しむことができるのだが
どうも、時代劇などにはそぐわない。平成版大奥や必殺なんかも、
どうもちゃちなものに見えて、ちょっと萎えてしまうのだ。
何も全てを美しい画像で見たい、というわけではないと思う。
そのドラマの雰囲気に合った撮影方法や、効果を使えばいいのだ。

一般の方がこのエフェクトを使って撮影している動画がある。
「ナントカ最前線のように加工した動画」




そうそう。この雰囲気って太陽にほえろ、というよりも特捜最前線なんだよねw
貴金属刑事も、やってることは太陽にほえろなんだけど、
どちらかというと大都会とか、特捜最前線のフィルムの雰囲気に近い気がする。

時代はHD,デジタルだから、それは致し方ない。
デジタル撮影したものを、エフェクト処理したものと二通り販売してもらえないかなぁとか思うんだけど・・・
  1. 2010/09/25(土) 12:50:20|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し前に描いたイラスト

ちょっといやらしいですけども。


airforce1gray.jpg

airjordan6.jpg

使用ソフトはillustratorCS2。
  1. 2010/09/24(金) 00:16:34|
  2. イラスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SPACE BATTLESHIP ヤマト 予告編

宇宙戦艦ヤマト実写版 SPACE BATTLESHIP ヤマトの予告編がUPされていました!



hthttp://yamato-movie.net/movie_yokoku.html

「ヤマト発進せよ!」じゃなく「ヤマト発進!」に訂正されていたことは評価したいな。
じゃないと復唱できませんから。
まぁ、ガミラスなのかガトランティスなのかわからない敵ですけども、話自体は全く別物になるでしょうね。
それはいいんですよ。この2010年にヤマトがリアルタイムで飛び立つ瞬間にお目にかかれるわけですから。

復活篇については、真田志郎の生き様を表現した、という意味でとても評価しているんですけども
まぁ、他にはいろいろ言いたいこともあり、実写版の方がまだ原作に近いのではないかとも思うのです。
そういう意味では期待しています。
主題歌があれですが、でもきちんと宮川泰先生の曲も入るらしいので、それまたやっぱりうれしいですね。


  1. 2010/09/19(日) 16:42:46|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK海外ドラマの吹替えは最高


NHK海外ドラマをざっと思い出すと…


大草原の小さな家 チャールズ 柴田彦 キャロライン 日色ともゑ 

シャーロック・ホームズの冒険 ホームズ 露口茂 ワトスン 長門裕之 福田豊土

ジェシカおばさんの事件簿 森光子

新弁護士ペリー・メイスン 鈴木瑞穂

ミス・マープル 山岡久乃

名探偵ポワロ ポワロ 熊倉一雄 ヘイスティングス 富山敬

名探偵モンク 角野卓造

アルフ 所ジョージ ウィリー 小松政夫

頑固じいさん孫3人 ガス ハナ肇 カプラン 及川ヒロオ

デスパレートな妻たち 萬田久子

第一容疑者 丘みつ子

ドクタークイン 范文雀

おしどり探偵 トミー 佐々木功 タペンス 田島令子

私が思いつくNHKの海外ドラマの吹替えで最高だったものたちです。
(デスパレートは…?ですが。)

ビバヒルとERは、もともと声優さんを起用しているのと、登場人物が多いため、割愛しております。
 

NHKの吹替え起用は、本当に素晴らしいと思う。
どれも素晴らしいのだが、やはりシャーロック・ホームズの露口茂。またワトスンについては
デビッド・バークの長門裕之も、
エドワード・ハードウィックの福田豊土もどちらもぴったりだったから驚きだ。
特に福田豊土は、その声を聞くだけでワトスンだ、と思うくらいぴったりだった。
また、新弁護士ペリー・メイスンの鈴木瑞穂氏も素晴らしい。
これは確か、ペリー・メイスン(旧作)だと若山弦蔵だったと思うんだけど、
まだレイモンド・バーがハツラツとした壮年だったから、というよりどっちかっていうと
鬼警部アイアンサイドのイメージが強かったから、それはそれでぴったりだと思う。
どっちかっていうと、ウィリアム・カット(アメリカン・ヒーロー!)が
古川登志夫から安原義人になったのが気になった。記憶違いかもしれないけど。

ミス・マープルの山岡久乃もすばらしかった。
最初山岡さんだとは気づかなかったくらいだ。
そういう意味では森光子のジェシカおばさんは、森光子ってわかるんだけど、でもあってたと思う。

NHKのすごいところは、俳優・声優の枠をあまりこだわらず、その役にぴったりな人を起用するところ。
名探偵ポワロのデビッド・スーシェに至っては、音声切り替えをしても、さほど違和感がないくらいだ。
それくらいデビッド・スーシェの声は熊倉一雄に似ている。よくまぁ起用したもんだと思う。
ヘイスティングスは、富山敬の声にしたことで役得している気がする。でも富山氏亡きあと、
安原義人だったけど、これもさほど違和感がないものだった。
あ、でもテアトル・エコー好きだったのかな?

シャーロック・ホームズに話を戻すと、国広富之をゲストで起用していたりする。
トレベリアン先生役だ。これは強烈だったよーな。いや、トレベリアン先生がじゃなくて、サットンがだけど。
レストレード警部も、見た目は津村鷹志そっくりなんだけど、川辺久造の声がもうぴったりでぴったりで。

名探偵モンクに至っては、OPの曲を歌っているのは角野本人では?とかいう話題も上った。
(ただこれはモンク役のトニー・シャループが歌っているわけではない)
でもモンクさんは角野さんのイメージでぴったりだと思う。シャローナにしても、ぴったりだ。

大草原の小さな家の、キャロラインなんかは、
「チャールズ!」という声はもう日色さんの声でしか再生されないよ。
また、チャールズ役のマイケル・ランドンは早世だったし(ボランティア活動も積極的だったことを思い出す)
柴田氏はマイケル・ランドンの氏を非常に重く受け止めているらしい。それはそうだよね…

頑固じいさん孫3人は、「コクーン」の人が主役なんだけど、
孫3人のメンバーでコクーンやってもよかったんじゃねーかっていう感じですけど、
隣人のカプランさん役の及川ヒロオはまたすごいぴったりだったんだよね。
カプランさん、隣んちの牛乳口つけて飲んじゃうからね。すごいよw
あのガス役はほんと、ハナ肇ぴったりだったなぁ。
孫の1人がドクター・クインに出ますけどね。
あ、私アヴォンリーへの道は見てません。すみません。

おしどり探偵は、2人とも声優としても有名ですね。
これまたぴったりでしたよ。トミーが草刈正雄そっくりの美男子でねぇ。
これはもっと評価されるべきドラマだと思うのよねぇ。
「なぜエヴァンスは頼まなかったのか」とか最高ですよ!ええ!

アルフは、それこそなぜ所ジョージを思いついたのかって思いますけど
あのコ憎たらしいアルフは所ジョージのおかげで愛せたんだと思います。
小松政夫がほんとぴったりだったんだよね。
アーノルド坊やは人気者の、義父の川久保潔さんを彷彿とさせたなぁ。

萬田久子は賛否両論あるみたいだねぇ。
私、あんまりデスパ好きじゃないもんですから、ごめんなさい。
丘みつ子の第一容疑者も、まぁまぁだったけど、別に丘みつ子じゃなくても良かったような気もします。
実際、別の人が吹替えするようになってますよね?

やっぱり、シャーロック・ホームズの露口茂と、ポワロの熊倉一雄は最高ですよ!


何が言いたいかというと、ジブリは、同じ俳優を起用するんでも、ちゃんと吟味してからにしなさいよ!
だって、ラピュタの頃は、ドーラは初井言榮、ムスカは寺田農と、
新劇出身のぴったりな人を当ててたじゃないの!

その役とイメージを大切にする、NHKを見習いなさいよ!!!!
NHKよりギャラ出してるでしょーが!!!

ということが私は言いたい!




  1. 2010/09/13(月) 17:42:34|
  2. 海外ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

掲示板・チャットルームについて→掲示板のみにしました(9月14日)

山口崇について語り合おう!という掲示板とチャットルームを作りました。
ちょっと前時代的というか、時代遅れの感もありますが…
コメント欄を使うというのも考えたのですが、雑談込みなら掲示板がいいかなぁとも思いますので
一応作りました。できればご意見いただければとも思います。

とはいえ、実験運用ですので、即終了する場合もあります。
荒らしやスパム系の書き込み削除に費やす時間がないもんですから…
チャットについては、このブログの右下のグレーの窓に直接打ち込むものです。
リアルタイムに書き込みがないと、やりとりができませんので、多忙な方には不向きかも。
私もチャットルームはなかなか使う時間がないかもしれん…と思っているので
早々に閉じる恐れありです。管理の都合が悪いためチャットルームは廃止しました。

掲示板は、更新ボタンを押していただければ別窓が開きます。
そのまま左下の窓に直接書き込むことも可能です。写真などもUPできるので、
共有しやすくなるのではーと思います。
掲示板は管理が難しくなければこのまま使っていけたらなぁと思います。

http://tyamaguchi.bbs.fc2.com/
携帯からも書き込みできますので、こちらは交流しやすいかもしれないですね!

  1. 2010/09/12(日) 23:33:04|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信吾十番勝負 10月より時代劇専門チャンネルで放送

http://www.jidaigeki.com/prog/003280_000.html

山口さん、ここでも吉宗を演じているのですね!
それにしても吉宗は鯉を盗むわ、女を奪うわ(しかもお鯉の方w絶対狙ってるだろ!)
やんちゃ極まりないですね…

これは楽しみです。是非観なくては。私昔真田広之ファンだったし。



  1. 2010/09/12(日) 17:03:44|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山口崇熱(まだ続く)

しかし、本当にこの方が出ているソフトが一般に出て無さ過ぎるよ。
再放送もようやくされてきたって感じだし…
風と雲と虹とが時代劇専門チャンネルで放送されてほんとによかったよ…
ホームドラマチャンネルさんには悪いけど、やっぱり時専で放送してもらえるのが一番いいと思う。
びいどろで候もできれば時専で再度放送してほしい!
御宿かわせみも是非時専でお願いしたい!!!!

影同心もいいんだけど、どうせなら本家で出て欲しかったという思いもあり。
松竹にも出ているんだから、
東映に操を立てなきゃいけないってこともないように思うんだけどどうなんだろう?
うーんやっぱり主役級だから、他の人食っちゃうかなぁ。

もっと山口さんの作品が見たいよう!




  1. 2010/09/12(日) 16:46:55|
  2. 山口崇雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

影同心(その3)

100911_232417.jpg

もう、いい男過ぎる…

100911_235003.jpg

↑マンガやアニメのキャラクターのような瞳!

27話ではまさかキスシーンがあるとは思わなかった…ちょっとショック。
しかし報われないなぁ、右近の恋は。
あの女優さん、べっぴんには見えなかったので、なんか釈然としなかったんだよなぁ。
できれば前回の悲恋の相手、市毛良枝とのラブシーンならまだ許せるかも…
あっちも相思相愛だったのに…可哀相すぎる。
恋を重ねるごとに、櫛の数が増えていくのですね。

今回は右近メインの悲恋の話でしたが、
やはり最後のシーンの山口さんの表情は素晴らしいの一言につきます。
言葉にならない辛さ、哀しさを表す際にすこし微笑むような表情を出すんですよねぇ…


100912_001456.jpg

このあとキュっと唇をゆがめるのですが、二人の想い出を胸に、
実現することのない愛にあふれた未来を諦めたような、諦めきれないような、
また、残された子供が遭う様々な苦労を思う、そんな複雑な思いを表現していたように思います。
しかし、上手い…

  1. 2010/09/12(日) 00:35:10|
  2. 影同心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

影同心(その2)

影同心の、最初の印象は、ちょっと全体的に無理してないか?というものでした。

主役三人も役に慣れてないし、キャラクターがぎすぎすしていて役と演者の不協和音を感じたのです。

当初、山口さん演ずる更科右近は、賄賂は貰う、仕事はしない、口も悪いといった感じで
「嫌味なやつだな」という印象を与えていたように思います。
上司から「狩れ」と言われて殺人を行う影同心としての役割は報酬もなく、
かといって禄高もたいしたことなく、出世も程遠いといった感じで、
何のためにこんな大変なお役目をやっているんだといまいち視聴者にもしっくり来ない。

普段は昼行灯だがそれは仮の姿、実は凄い殺し屋だったのだ、というカタルシスがあまり得られなかったです。
そういう意味では藤田まこと演じる中村主水は、昼行灯だが情があり、
困った人がいたらそれなりに助けてやり、多少に悪事には目こぼししてやり、仲間のために人肌脱いだり
剣の道では右に出るものはいないという非常に魅力的なキャラクターだったと考えられます。

影同心は中村主水のキャラクターを三分割したため、
そういう意味では魅力も三分割されてしまった印象があったのです。

ところが中盤~後半ともなると、すっかりこなれて、キャラクターが生き生きとしはじめました。
彼らが悪人を殺す原動力は、文字通り「正義感」から来るものになったからです。
ひょっとすると必殺のメンバーよりも純粋に説得力があります。
彼らには悪をそのままにしておけない、という純粋なテロリズムの思想が共通しているため
そこで仲間割れを起こすことがありません。
(それぞれがそれぞれの想いから殺しを行うというものもありますが)
ただ、やってることはほぼテロですし、下手すると某宗教団体がやったことと変わらないかもしれないんで
市井の被害者たちがそのテロをも凌駕する勢いで酷い仕打ちに合うのですね。

この部分が話が進むにつれ安定したために、各キャラクターには
「ただの昼行灯ではく、実はとても正義感が強い。宮仕えであるがゆえに事件の真相を知ってしまい、
また宮仕えであるがゆえに動きたくても動けない」というジレンマが与えられます。
それが、各キャラクターの矛盾であるとか、「深み」につながっていきます。
そうなると、演じる側も役作りに厚みを持たせることができる。

当初はなかったその「矛盾」ですが、その矛盾の「しわ寄せ」は更科右近に集まります。
柳田茂佐衛門も、自分の左遷回避と引換えに、被害者をお上に「売る」という行為を犯してしまうなど、
ジレンマを与えられる。
不思議な点がありまして、
渡瀬恒彦の高木勘平は、高積見廻り同心という、薪や荷物の高さが基準値かどうかを計る役職という、
なんとも地味な仕事を仰せつかっている。
測量ポールのような木をいつも持っている(わけでもないけど)ので、ひょっとしたら元々の設定は
これに仕込み刀を入れるって話だったのかしら?(私が見落としているだけかな)

他の2人に比べると、この仕事が一番情けなく感じられるのは私だけだろうか。
宿直も週に何度もやらされるわで、情けないサラリーマンの悲哀っぽさであるとか、
「もーやんなっちゃうよな」という哀愁を最も出せるキャラクターのはずなのです。
なのに、妙にこの勘平は「えらそう」だし、口で言うほど辛そうには見えない。
中村主水に最も近いキャラクターになるべきは、本来は高木勘平なはずなのに、
彼が主水の雰囲気から最も遠い。
これは渡瀬恒彦氏のギラギラした内面が、
そういった悲哀を一切かき消してしまっているのではないだろうか。

そういうわけで、先ほど述べた「しわ寄せ」は、山口崇演ずる更科右近に自動的に集まってくる。
この人、「矛盾」を演じさせたら右に出る人がいないんじゃないかというくらい上手い。
「風と雲と虹と」で加藤剛は小次郎将門を演じる事は出来ても、
恐らく太郎貞盛を演じることは出来なかったろう。
俵藤太の露口茂にしても、山口さんご本人が仰っていたように、
露口さん自身が「渋さ」で内面を頑なに見せないようガードしてしまった点があるため、
(本当はいろいろ出来るのに)万華鏡のように変わる内面を演ずることは出来ないだろう。

更科右近は、カラカラっとしたところがあったり、気に入らなければ暴力を振るう粗暴さもあれば
ちょっとしたことで嫉妬する子供っぽさがあったり賄賂をもらうかと思えば、
好きな女のところに顔を出したいがために反物を買ってしまう可愛らしさもある。
非常に一貫性の無いキャラクターなのですよ。
当初は、嫌味にも思えるようなギスギスした不良だったのが、話が進むにつれて
公でも裏でも大切な女を守ることが出来ない、弱い女を助けてやることすら出来ない弱さを嘆き
それでもその憤りを悪人を仕置きすることでしか解消できないキャラクターへと変化するのです。
どうなんだろう?やっぱり同じ時期に太郎貞盛と更科右近を演じていたから
山口さん自身に変化があったのだろうか????

脚本も後半になるについれて遊び心も出てどんどん面白くなっています。

いろいろ考察できるほど、結局ハマってしまっていますね。
途中で挫折したのをあえて復活して見てみて良かったです。
やっぱりビデオは熟成させてから見るのがいいのかもしれない。

それとやっぱり必殺シリーズ自体、面白いですよ。
初期必殺シリーズの早坂暁作品なんて、珠玉のエピソードたくさんありますし。


  1. 2010/09/11(土) 00:48:55|
  2. 影同心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山口崇熱

影同心を見ていて、再度山口崇熱が再燃です。

あぁあ、かっこいいいいいい!!!!!!

渡瀬恒彦もワイルドでかっこいいんだけど、更科右近をちょっとマンガチック(死語)に
演じている山口さんのかっこいいやら可愛いやらが楽しめる!
山口さんが優等生じゃないところも良いと思います。

必殺のハードな部分が強調されたドラマだと思います。
でも、毎回テイストが違うので、それはそれで面白いと思うなぁ。飽きない。

毎日山口さんにおめにかかれる感じ(録画で見てるんだけど)が、すごおおく今幸せです。













  1. 2010/09/09(木) 23:28:58|
  2. 山口崇雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

影同心

20100907200653.jpg

20100907200028.jpg


20100907200058.jpg

あぁ、匂い立つような色気!!!!
ちょっと、写真、ボケてます。すみません。キャプじゃないもんで。


影同心を通してみている。今18話。

影同心についてはこちらのサイトがとても詳しいです。

夜影座 名画座 『影同心』の世界
http://blogs.yahoo.co.jp/nightshadowtheater/folder/741245.html

昼行灯3人組と言われる同心。ただし定町廻りではないので、通常の事件の捜査とは関係ない。
普段はのんきに過ごしている3人だが、実は極悪非道な者たちを成敗する「影同心」なのだ。
役向きが違い、捜査に能動的に参加できないため、報われない市井の人々を目の当たりにしても
公で何もできない。その怒りが彼らの「殺し」の原動力になる。

私は必殺シリーズは穴抜けで見ているだけなので、必殺との比較を詳細に語ることはできない。
夜影座の管理人さんや必殺のサイトで読んでいただければと思います。

必殺の代わりに製作されたドラマなもんだから、必殺と引き合いに出されるのはしょうがないんだけれど
ひとつのドラマとしてみても非常によく出来ているドラマだと思う。
昼行灯3人組は、中村主水を3分割したキャラクターということだが、それぞれアンバランスに見えて
実にバランスが良い。本当に仲がよさそうに見える。

初期は奉行の鳥居から指令を受けて暗殺していたのだけど、途中からそれがなくなって
単純に「怒り」で動くようになったみたいです。
そうでないと、彼らが指令を受けて暗殺することに何の得があるのか?
普段の給料でやることじゃないだろーと思っていたので、指令がなくなってちょっとすっきりしたかも。

山口崇の演ずるところの更科右近。
また更科右近って名前がいいじゃないの!この名前考えた人誰だろう?素晴らしい。
主役らしい名前だと思います。
山口さんがOPのトップに名前が出るのだけど、どうなんだろう、
渡瀬恒彦と金子信雄に比べて、着物がワンランク上な気がする。
身分的には変わらないから、質は同じものだろうけど、かならず色は白がベース。
パッと立っていてもそこだけ目立つような華があった。
着ているもので格を変えているのかもしれない。
意外?にも渡瀬恒彦よりも背が高く、3人並ぶと非常にバランスが良い。
渡瀬恒彦演じる高木勘平は、柳田茂佐衛門(金子信雄)の愛人のお佐知(氾文雀)
にちょっと気があるのも面白い。
金子信雄と丹阿弥谷津子夫婦が実際に夫婦役として出ているのもなお面白い。
だから夫婦と愛人にどっちに重きを置いているか(実際には)が、リアルなんだと思う。
「あなたのもとに稼して三十余年、後悔ばかりの年月でした」は、
私これ覚えてるよ?当時流行していたんじゃなかろうか。

ふとした疑問で、山口崇と渡瀬恒彦は同郷。
山口さんより7つか8つ下だから、山口さん的には弟みたいなもんだろう。
だって竹脇無我さんのことも、同じくらい年下で、弟みたいに思ってるわけで。
(って考えるとやっぱり山口さんって若く見える。)
でも、山口さんは淡路では有名な旧家の方。
渡瀬さんは淡路では有名なワル。お兄さんよりも喧嘩が強く、はては芸能界でも1,2を争う喧嘩の強さ。
全然タイプが違うから、どうだったんだろうと。撮影中とか。
また、渡瀬さんの勘平はもはや演技じゃないんだろうかというワルっぽさでw
人を投げるところとか、がきんちょの頭をポスってなぐるところとか、非常に自然wwww
あんなの、普段からやってないと出来ないと思う。
怒鳴るシーンもリアルすぎて怖い…

それにしても山口さんがかっこいいんです…
それにつきるんです…

襟元がすこし空いているでしょう。首から肩にかけて、ぴったり襟を合わせず、
隙間を作っている。あれがセクシーさを増していますね。
だらしなく着ているようで、けっして品が悪くない。
金子信雄も渡瀬恒彦も演技は素晴らしいんですが
こう、山口さんの「目の演技」が半端じゃなく素晴らしいんです。相変わらず。
あれは指示があってやっているのかご本人の演技のたまものなのかはわからないのですが
特に18話は素晴らしい。
冒頭、一緒に雨宿りをしているお登勢が雷を怖がるシーン。
一見、美人に下心を見せる目配りなんですが、そこに、右近の思いやりであるとかが見え隠れするんですよ。
同じ18話の泣き笑いのシーン。
あれは、悔しさと諦観、殺しでしか晴らせない自分の立場への憤り
全てを表しているシーンだと思います。しかし本当に演技に情感があるというか。
更科右近は、いくつも矛盾を抱えているキャラクターだと思うので、
山口さんの演技も幅を利かせることができたのではないかと思います。
そういう意味では、風と雲と虹との太郎貞盛にも近いキャラクターかもしれない。
どの話だったか、罪なき人が拷問を受けるのを見つめるシーンで、
見て→ちょっとそらして→また見て→じっと見て→ぎゅっと目を伏せる
という一連のシークエンスがあったのだけど、その動きが、心情とリンクしているというか
すごくうまいなぁと思いました。きっと岸田森でも同じ動きをするだろうけど、
きっと岸田森なら、指を添えるんだろうw
あの、「ちょっとそらして考える」ところが山口さんらしいなぁと思うのです。


  1. 2010/09/07(火) 19:52:36|
  2. 影同心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

荻島真一と山口崇2

本陣殺人事件、ラストまで見ました。

正直、動機がうっすいなぁと思いましたが、いいんです!一連の流れがこのドラマの醍醐味なのですよ。

荻島真一って、かっこいいんだなと再認識するに至りました。
それまでは、「ブルームーン探偵社」のブルース・ウィリスの吹替のイメージが強かったんです。
浅茅陽子との掛け合いは非常によかった。
ジブリも俳優を起用するけど、NHKも同様に吹替は俳優から登用する。
でもレベルがジブリとは段違い。NHKの起用する俳優はイメージにぴったりな人たちばかり。
名探偵モンクだって、角野卓三だけど、ほんとトニー・シャループにぴったりだもの。
ジブリはNHKを本当に見習ってほしい。

さて、本陣殺人事件。

原作ファンには長門勇の日和警部の存在が面白くないみたいだけど
古谷版の金田一における長門勇の貢献度は大きいと思う。

に、しても荻島真一が知的だが潔癖な弟を好演していたように思う。
お母さんに振り回された人生の弟だよなぁ…
琴なんか弾くもんだから…お母さんも…

背もスラっとしていて、まだ青さの残る面立ちの荻島真一はファンも多かったろうなぁと思います。
好きでしたけどね、私も。かっこいいなぁとまでは思わなかったもんだから、再認識です。

あの眉から目のあたりのラインがかっこいいなぁ。
やっぱり同系統のルックスがすきなのかなぁ。
山口さんとは唇が決定的に違うのだけど、なんだろなぁ。

しかし皆うまい人が多かったよなぁ。




  1. 2010/09/06(月) 14:06:35|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

荻島真一と山口崇

横溝正史シリーズの本陣殺人事件を見てますが

荻島真一って若い頃、ちょっと山口崇と似ているね!

眉から目のあたりと鼻筋が通っているあたり。
でもなんだろうね、山口さんの方が綺麗なんだよなー。
荻島さんも美声だし、好きですけどね!

目の輝きとか首筋のセクシーさはやっぱり山口さんはピカイチだなぁ!


草野大悟出てる!!!!!



  1. 2010/09/02(木) 21:48:38|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

源義経 第1話 鞍馬の火祭


源義経って、岸田森出ていたんだ!!!むしろそっちは期待してなかったからうれしい!

http://www.youtube.com/watch?v=fuKON28ogIU


http://www.youtube.com/watch?v=c94unrYbmDE&NR=1


http://www.youtube.com/watch?v=_zg3zUXD1f4&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=JWNbRJGnEgw&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=YlxI2Y4um-Y&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=hpS3SS7HGbI&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=CIdPAGrksPY&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=NFcq_KgyFGg&feature=related




  1. 2010/09/01(水) 22:51:31|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0