ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラフNHK 山口崇 天下御免特集

天下御免
※スキャン時画像が暗めなので、若干加工してあります。ご了承下さい。


オークションで念願の「グラフNHK」天下御免特集をゲットしました!
もう、喉から手が出るほど欲しかった!!!
あと2部表紙のやつがありますよね。あれどこかで出回っていないだろうか…
それこそ国会図書館に行けばいいのかな????
これだけは所有欲にかられます…

全部紹介するわけにはいかないので、一部分だけ引用しようと思います。

《特集の内容》

・機知にあふれた脚本、型破りの演出
…中野良子、山田隆夫の紹介。中野良子さんも新人扱いでした。
・登場人物とものがたり紹介。
存在をわすれてましたが紫陽花さんって佐藤友美なんですね。
・制作うらばなし
・非常の人・異常の時代-平賀源内の一生 稲垣史生(歴史家)


天下御免2

《制作うらばなしの一部引用》
「銀座を歩くチョンマゲ姿」異色の場面 第六回で放送
第六回放送、(十一月十二日)の冒頭に、
現在の東京・銀座のいわゆる歩行者天国の人混みの中を
”長崎から江戸に着いた源内一行”がかっ歩する場面が出てくる。
これは「過去がいかに現代によく似ていたかを表現しよう」ということから、
現代と過去をミックスさせた異色の試みとなったもの。

中略

ビルの屋上としたとでトランシーバーを使って連絡をとったものの、
雑踏で四人は離ればなれになり顔もろくに見えない。スタッフが汗だくで人垣をわけ、
警官の応援でやっと撮影を終えた。
「放送前なのにこの番組のことを知っていた人がおおぜいいたのにはうれしくなりました。」
と山口崇らはつかれもどこかへ吹き飛んだように元気。
これからも、この番組ではこうした試みや奇抜なアイデアをどんどん取り入れて、
文字通り異色の爆笑時代劇を作っていきたいといっている。


《引用終わり》

この人混みのシーン、映像では残っていないので超貴重ですよね!!!!
すっごい面白い作品だったんだなぁって改めて思いますよ。
この時代にやりたいことやってますよねー。
テレビドラマの実験はここで開花して、おそらくムー一族でやりつくしたのではないかと思います。

他のグラフNHKでもインタビューなどがありました。
天下御免について語られることって少ないですからね、とても嬉しいです。
しかも当時のリアルタイムの話ですし。
なんかとっても楽しそうな雰囲気が伝わります。

やっぱり源内さんはかっこいい!!!!
柳生十兵衛よりも、髪型のセットがいいんですよねー。
真ん中富士額よりも、普段の髪型みたいに前髪を流す方が似合うと思う。
あと時代劇特有のかつらの中で目を引っ張ることをしてないから
(それやるとキュッと締まってキリっとするんだけど)
表情が現代風だし、ナチュラルなんですよー。

この人混みのシーンでも思うんだけど、これは演出だからいいんだけどさ
源内も右京も稲葉小僧も全員ど天然だよなぁと改めて思った。
稲葉小僧の、黒人とのハーフへの台詞
「便利そうだなぁ、代わってほしいくらいだよ」とかねw

川はいいなのSPも手に入り次第ご報告いたします。






署名TVにて、
山口崇主演NHK時代劇「天下御免」の映像提供呼びかけ及びDVD化
について、署名活動をしています!1人でも多くの署名をお待ちしております!
リンク先はこちら!
http://www.shomei.tv/project-1081.html

携帯からはこちら!
http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1081


是非御協力お願い致します!!!






スポンサーサイト
  1. 2009/05/06(水) 01:16:47|
  2. 天下御免
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<御宿かわせみ | ホーム | 山口崇氏雑感2>>

コメント

貴重な画像と情報、ありがとうございます。
私も崇熱に冒されているので、嬉しい限り。
ほんと、この山口崇の髪型といい、袴スタイルも、なんか書生さんぽくて自然です。
ますます「天下御免」全編みたい欲望がつのってきます。
「天下御免」より前の柳生十兵衛が全部残ってるのに、NHKのバカ!

  1. 2009/05/06(水) 10:32:34 |
  2. URL |
  3. ポポ手 #J7nTh0B2
  4. [ 編集 ]

書生さん

喜んでいただける方がいらっしゃるだけで私も嬉しいです!
私だけなのかなとかいつも思っていたので…仲間がいるのは心強い。

ほんとほんと、書生さんぽいですね。
結局演じることはなかったみたいだけど「坊っちゃん」やってみたいって昔話していたらしいですし。
ぴったり。


映像はシナリオ集で早坂暁さんも募集してましたけど望み薄ですね…
シナリオ集も復刊どっとこむに協力下さいってどこかのサイトで読んだような。図書館にはあるけど。

是非ポポ手さんもNHKに要望をお願いします!
BS熱中夜話で特集組んでほしいんですよね~!

時専のリクエスト掲示板に大岡越前第一部リクエストしとこ~。
割と応えてくれるんで。あのチャンネル。
  1. 2009/05/06(水) 12:25:44 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

私もリクエスト参加します!

GWは大忙しでしたね。貴重な写真等いつもありがとうございます。

「源内さんの姿が見たくても、見ることができない。」の気持ち、なんだか切ないなあ。私はここに書き込みしている皆さんより明らかに年上なので「柳生十兵衛」を見たのが初回の放映時。で、「天下御免」を見ることができたこともラッキーとはいえ、この頃には他のことにも夢中になっていて多くを覚えていないのですからどうしようもありません。覚えていないから今さらのように再燃しているのでしょう。

「御宿かわせみ」撰集のDVD、山口さん扮する源さん主役のエピソードから見始めたところですが、山口源さん、抑えた演技がじつにいいです。選集は出番が結構多いような気がします。生真面目であるがゆえの可笑しさを可愛らしく演じ過ぎる俳優もいますがそうでないところがいい。低音のべらんめぇ口調にも聞き惚れます。「女難剣難」でほんの少しでしたが三味線を弾く姿をお目にかかることができたのは感激でした。座っている時の姿勢の良いこと。長唄を歌っているときもあんな風なんだろうなんて想像したりしてます。

DVDを購入したNHKエンタープライズのリクエスト葉書がついていたので、「天下御免」(画像が悪くてもいいから)と書いて送りました。せめて「想い出倶楽部」セレクションの一つに加えてほしいです。大岡越前も時代劇チャンネルにリクエストしなくちゃね。
「風と雲と虹と」も無いと思われていたのに倉庫の奥から発見されたというから、いつかテープの1本でもエピソードの一つでも発見されることがあるかもしれないと信じたいです。田中角栄宅とか。

山口さんがもう少し後に生まれてきていたなら、出演した作品の多くがきちんと保存されていたでしょうが、露出度も高くなりきっとこんな思いを抱くこともなかったかもしれません。そう思ってゆっくりと思いを暖めたいと思います。って、これが難しいんですけど。

今仮に私が交通事故にでも遭い生死の境をさまようようなことがあったとしたら、思い浮かべるのが夫の顔ではなくて十兵衛か源さんの顔のような気がして怖いですよ~。りへさん宅同様いい夫なんですが。
  1. 2009/05/06(水) 14:13:29 |
  2. URL |
  3. さむ #-
  4. [ 編集 ]

ご協力ありがとうございます!

NHKに1人でも多く声があがればいいと思います。このサイトがその一助になればと思っていましたが本当に嬉しいです!
ミ○シイの天下御免のコミュニティでもお声がけしてるんですが、懐かしむ声の方が多いんですよねー。

天下御免をやってる時代っていろんなことが新しかったし面白かったと思うんですよ。だから仕方ないことだと思います。
その頃HDDやDVDがあったら多分10テラ位用意してなかったら足りなかったと思うんですよwww

畝さま、抑えてますよねー。あれは畝さまが東吾に遠慮しているのもあるけど、山口崇が小野寺昭を立てているような感じですよね。
それがちょうど畝さまと東吾の関係をよく表しているから、敢えてのキャスティングな気がしてきました。
村上弘明版を見ると、平田満なんですよねー(私は沢口靖子が好きでこれは見てた。)これ、さむさんがいう生真面目なおかしさを演じられる人で。

山口崇さんってほんとだったらものすごい人気が今でもあるはずなんですが、見ていた人たちもソフトの時代の人じゃないんですよ。
再放送もないからファンの世代交代もないし、ネットやる世代の人たちも少ないし、でコミュニティがなくてねー。
これからも応援しつづけようと思います!
  1. 2009/05/06(水) 15:13:24 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/102-f4b633ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)