ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

肝っ玉母さん#1

シーズン3からしかフィルムが残っていない為これがスタート。
カラー映像がこの辺のやつは綺麗ではっきりしているねぇ。

5月の日曜日。
息子の一(はじめ)が嫁の綾と孫の九子(ひさこ)を連れて大正庵に引っ越してくる予定だ。
大正庵を営む母五三子(いさこ)はいてもたってもいられない。
次女の三三子は2階の自分の部屋を開け渡せと五三子にうるさく言われて辟易している。

ところが編集長を務める綾の出版社で、作家が食中毒を起こして
原稿を落とすというアクシデントが起き、引越しは1週間先延ばしに。

大正庵に連絡するのを怠っていた一のせい(←ダメな子)で、
五三子は迎えにいった大正庵の健太郎に引越しが延期になったことを知らされひどく意気消沈。
綾の両親の清田家の人達はおもいがけず九子がそばにいて大喜び。
大正庵の面子は五三子を心配して一に連絡し、九子と一緒に顔を出すよう伝えるが
清田家でお昼寝してしまった九子をおいて、一はひとりで大正庵に来てしまう。
有名幼稚園に入れさせる為、九子のために貯金をしたり、幼稚園に雨の中話をききにいったり
五三子の心をよそに、一は「自分の子供のことは自分で決める」ときつく言ってしまった為にひと悶着。
そんな中綾が現れるが、自分の仕事がうまくまとまったことを話すばかりで九子のことや
五三子へのお詫びも全くない。超KYwwwwww
五三子と対面した綾は事の重大さに気がついていないようだが…


こーーーーーーーれーーーーーーーーーーはーーーーーーーーーーー!!!!!


すげぇすげぇすげぇすげぇ面白いじゃないの!!!!!!!!!!

京塚昌子の身軽な動きにびっくりw

あー結城美栄子もいる!そういえば脚本が平岩弓枝だ。

山岡久乃キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」
松山英太郎キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」

乙羽信子がいい!すごいいい!!!!

なにより、私はこの山口崇大好きだー!!!!

ちょっと頼りないこの息子いいよ!やっぱ山口崇はさー、なんでも完璧にできる好青年より
すっとぼけた感じの役をやらせたら一品だよ!!!!
綾とのかけあいもいい。ふつーに4年目の夫婦って感じがするわ。
しかも一の言い分も非常によくわかる。
祖父母なんて孫に対して責任がないからね、自分達の好きなようにしたいって
気持ちが強いから。所有欲ってやつね。
いやーいい感じにスルー力があるこの一のキャラはおいしいwwww

乙羽信子も沢田雅美も佐野浅夫も結城美栄子も岡本信人も中原ひとみもいいわー。
何より京塚昌子がいいね。


平岩弓枝はいい!石井ふく子プロデュースでも橋田作品の数十倍いいわ。
台詞も小気味よいテンポだし、変な「お夕飯」とかいう台詞もないし
一人ひとりの性格が明るいし基本的にみんないい人だからね。

これは次回も見逃せないわー。







署名TVにて、
山口崇主演NHK時代劇「天下御免」の映像提供呼びかけ及びDVD化
について、署名活動をしています!1人でも多くの署名をお待ちしております!
リンク先はこちら!
http://www.shomei.tv/project-1081.html

携帯からはこちら!
http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1081


是非御協力お願い致します!!!


スポンサーサイト
  1. 2009/05/11(月) 20:05:03|
  2. 肝っ玉母さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<天下御免イラスト2 | ホーム | 山口崇雑感3>>

コメント

見ましたよ。

「肝っ玉かあさん」昨晩ちょいと見て、「あぁ~、覚えてる。この人たち。」って思いました。(環さんが平均年齢を下げるのに貢献してるっていうのにすみませ~ん。)当時のドラマの常連ばっかりでしたね。京塚昌子と山口崇って実際には4歳しか違わないんでしょ?

こんな山口崇もたまにはいいんですが、今のところ時代劇のイメージを暖めて「御宿かわせみ」「新・平家物語」を読んでる最中なんで、「肝っ玉かあさん」はちょっと後回しにしようかなと。

と、思っていたところへ十兵衛#6がアップされていて、やっぱりどこへ道草しても十兵衛が私の山口崇原点なんだなあと再確認。今日のゲストは豪華だったなあ。悪役に出演済みの俳優の使いまわしが多かったけど。
十兵衛、初期の頃(私は見れなかったけど)ちょっとメイクが濃くなっているような気がするのは気のせい?
  1. 2009/05/12(火) 17:57:14 |
  2. URL |
  3. さむ #-
  4. [ 編集 ]

訂正

失礼しました。6歳違いでした。
  1. 2009/05/12(火) 18:17:28 |
  2. URL |
  3. さむ #-
  4. [ 編集 ]

気になってふと調べましたが

1968年~肝っ玉母さん開始
1970年頃に御宿かわせみ発表

1986年頃にはやぶさ新八御用帖発表

1993年頃はやぶさ新八テレビ開始


おそらく平岩作品に山口崇が出たのは肝っ玉母さんが最初だと思うんですが
御宿にもはやぶさにも山口崇出てるんですよね。

いたくお気に召されていたのだとは思うのですが
御宿の畝様は最初から山口崇をイメージして描いてるのかなと思ったり…

そうするとなんか小説読むときに幸せな気分になれそう。
私も読まなきゃ!

十兵衛本当に素敵ですよね。
時代劇だと声のよさが際立つし。

私はわりと何でも見れちゃう方ですが
十兵衛のエピガイをゆっくり書いてるのは
これをサクサク終わらせるのがなんだかもったいないんですよね~

源内さんがない分これが原点になってます。
  1. 2009/05/12(火) 18:37:56 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

度々失礼

私のコメントって、仕事の合間に人目をしのんで急いで書いてるせいか間違いやらスペルミスが多くってやんなっちゃう。十兵衛のメイクは初期に較べて「後期が濃くなっている」と言いたかったということに気づいた。
ま、ど~でもいいけど。

残念ながら平岩弓枝によるとこれまで畝様をいろんな人が演じたけど、どの人もイメージとはちょっと違うと言ってました。やっぱり山口崇ではちょっと男前すぎるんだと思う。ひげが濃い~という記述もあるし。
東吾は田村亮が舞台で演じてから「亮ちゃんのイメージで書いてる」とか「るいさんは新玉三千代」だって。その言い方が「亮ちゃん」(と、平岩弓枝が呼ぶ)にべた惚れって感じでちょっとがっかりしたけど、いいのさ。
私の中には、小野寺昭(だんだん、良さがわかってきた)と山口崇のコンビでイメージしかないから。

というわけで度々失礼しました。仕事に戻ります。
  1. 2009/05/12(火) 19:03:31 |
  2. URL |
  3. さむ #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですね

お仕事お疲れ様です。
今日は私は土曜日出勤の代休でした。

全然大丈夫ですよ!
私も携帯から書いてる時はソースなしに書いてたりしますし。
いつも色々教えていただいて本当に感謝してます。

メイクについては十兵衛の傷のメイクがちょくちょく変わってる気がします。
試行錯誤してるのかなぁ。
後期の方がなじんでしっくりいってると思う。

6話あたりから全体的に練れて落ち着いてきて面白くなってきます。

畝様、そうか…男前過ぎかぁ。
新珠三千代が大好きな私は嬉しいけど艶がありすぎる気が。

あれは真野響子が一番だ!
  1. 2009/05/12(火) 19:15:49 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/123-d2b42630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)