ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柳生十兵衛(山口崇主演)#7 烏城の剣豪

空っ風の三九郎:田中邦衛
昔日庵:加藤嘉 お春:笠置シヅ子
小福:河村有紀 寺坂主馬:山岡徹也
村木勘兵衛:北原義郎 寺坂伊織:小川真司
次郎右衛門:田崎潤 池田光政:池部良 


ここは岡山。

道中三九郎に会う十兵衛。
十兵衛に会いたくて追いかけてきたという。

なのにさっさと先を歩いていっちゃうつれないお人w

この2人いい感じですねぇ。
十兵衛0701


十兵衛を追いかける三九郎は途中、道端に落ちている高級そうな財布を見つけて頂戴してしまう。

その財布とは‐家老の寺坂家では財布が落ちたことで大騒ぎ。
その財布の中には新田開発計画の書状が入っていたからだ。

宿場に着いた2人。十兵衛は上泉屋という宿に決めようと言い出す。
高級宿とはお世辞にもいえない。
上泉伊勢守にゆかりがあるのかもしれないと興味を示す。
(多分こういうもっさりした宿に泊まりたかっただけww)
ところがおかみが出てきて急に「ゑびす屋」と宿名の板を替えてしまう。
「じゃあ興味ないでしょう?」と他の宿にしたい三九郎。
「いや、ある」とむきになってゑびす屋に突入www


ムキになる十兵衛カワユスwww

十兵衛0702

布団部屋に案内された2人wよっぽどうさんくさいとおもわれたのかw

布団部屋で三九郎は拾った財布を十兵衛に見せる。
中身は金子と検地控。その金でいい宿にしようと三九郎はせがむが
早く返せと十兵衛に言われしぶしぶ返しに行くことに。

1人書きものをしていると、ゑびす屋の亭主がやってきた。
亭主は養子だが、剣術ヲタのようで、
屋号まで上泉流からとって替えてしまったようだ。しかも道場まで作っている。
十兵衛が柳原五平と名乗った為十兵衛とは知らず、
無理やり道場へ連れて行き、亭主が「指南してやる」と言ってきたwww

十兵衛0703


ヘタなふりをして相手をしてやる十兵衛だが、そうは言ってもやっぱり強いwww
わざと参ったと言ってその場を収める十兵衛。
亭主は一生に一度でいいから真剣で勝負をしたいと言う。
(その腕じゃ…)慌てて「やめときなさい」と諭すのでした。

そんな中、寺坂がゑびす屋にやってきた。拾った財布のお礼の為だ。
宿の亭主とおかみも柳生十兵衛だとわかり超びびるw
布団部屋からちゃんとしたお部屋に移ることができたのでした。

一方、備前岡山城、別名烏城。
岡山藩主池田光政と家老寺坂。
十兵衛が伊豆守から命ぜられた隠密であるとの噂が出ており
財布の中の書状をそのまま返した十兵衛を却って怪訝に思った池田は
岡山藩に、新田開発できる金子があるということを公儀に知られては困る。
口止めを自ら頼もうと十兵衛とお茶の席を設けるのだった。

十兵衛0704


そんな意も全く知らず呼ばれてふっつーにお茶を嗜む十兵衛さん。

とはいえ「???」という気持ちがきちんと目に表れております。
十兵衛0705


「その茶碗に覚えがないか。
そなたの祖父関州斎様が伊賀にて焼かれたものだ懐かしいであろう。」
「面影も存じませんが、まるで祖父と対面したかの気持ちが致します」
「そなたの家とわが家とはただならぬ間柄、覚えておいていただこう」
新田開発の件、内密にしてほしいという気持ちで池田は話しているのだが
十兵衛には全然通じていないようです。
そりゃそうです。はなからそんな気全然ないからね。

帰ってきて早々、亭主と三九郎の進めで料亭に無理やり連れて行かれます。
お春という芸者に入魂の浪人が宴会を台無しに。
村木勘兵衛というらしい。酔っているのか村木は十兵衛を斬ってかかろうとする。
十兵衛は刀を抜いた村木の真剣を白羽取り。

十兵衛0706


村木は伊藤一刀斎昔日庵の弟子のようで、
その腕にますます昔日庵に会いたくなる十兵衛だった。

お春がゑびす屋に顔を出すも、十兵衛は不在。
昔日庵に会いに出かけているのだ。
しかし十兵衛は誰かにつけられているようだ。
追いかけるも、逃げ足は速い。

十兵衛は昔日庵のもとへ辿り着く。
顔を見ただけで関州斎の孫である事を見抜く昔日庵もたいしたものです。

十兵衛0707

寺坂の息子伊織もここへ通っているようだ。
一手御教授願いたいと頼む十兵衛。
昔日庵は誰にも剣を指南しておらず、話をするのみだという。
ただ一緒にいるだけで勉強になると伊織。


烏城では、寺坂が浪人と果し合いをさせる事で十兵衛を殺し、口止めをさせようと計画する。
村木に白羽の矢が立った。藩士との果し合いでは、公儀に聞こえが悪いためだ。
村木は素行が悪く、昔日庵より破門になった身である。
裏でそのことを耳にしてしまう伊織。

十兵衛0709


村木から果たし状を受け取るゑびす屋の亭主。
亭主は、十兵衛に知らせるべくもない、自分が果し合いに応じると出ていってしまった。

おかみからそれを聞いて急いで追いかける十兵衛と三九郎。

村木一派が十兵衛に斬り込む。十兵衛は全員峰打ち。

十兵衛0708

ところが寺坂が十兵衛に拳銃を向けた!
間一髪昔日庵が現れる。伊織が呼びに行ったのだ。

昔日庵が非礼を詫び、今回の始末引き受けると言う。

烏城に赴き、昔日庵が池田光政に事の次第を説明し場を丸く治める。
詫びの代わりではないが、十兵衛は昔日庵に、立会いを願い出る。
立場的に断れない昔日庵。立会いはできないが、
一刀流の形をお見せしようと昔日庵は応じるのであった。

十兵衛0710

それは実に見事な剣捌きであった。

ゑびす屋を後にする十兵衛たち。
亭主は剣術は懲りたという。やりたかった真剣試合、マジで殺されそうになりましたからね。
おかみも、道場を部屋に替えて商売に使うという。そりゃいいね。

お春もお守りを持って現れ、見送る。

「気持ちのいい人たち…」

十兵衛0711


烏城でも昔日庵が
「心の中の大事なものを持っていかれたような寂しい気持ちが致します。」

ここで銭形のとっつぁんが出てきたら
「十兵衛めぇ~まんまと盗みやがったな」と言いそうです。


1つのすがすがしい風が、岡山から去っていく、
そんな気持ちで皆は2人の旅立ちを見送ったのだった。

すると、道中、三九郎は、お春が気になり、引き返すという。
十兵衛と一緒にいると後手になるのがシャクなんだって。


十兵衛「勝手にいたせ、ただし、変な拾い物はよせよ!」


三九郎「てやんでぃ、かっさらうだけさ!」



今回は面白かったなー!
誤解から生まれてしまったドタバタ騒ぎといったところでしょうか。

しかしながらいつにも増して「茶色い」回でしたー。
いやー画像はトーンを上げてだいぶ明るくしましたけど赤茶けてましたねぇ。

私はこういうほのぼのした話で十兵衛がとぼけている感じの話の方が好きです。
なぜかというか十兵衛さんの表情が変化に富んでいるからです。
可愛らしい顔もすれば厳しい顔もする、十兵衛自体そういう人じゃないかなーと
このドラマを見ていると思いますし。
三九郎と一緒にいると、どうしても顔がほころびますよね。そういうところも大好きです。

池部良、来ましたねー。いやー色気が匂うようにありますね。彼は。
それと伊織役が声優の小川真司さんで今でもバリバリの現役。
しかもジャイアント・ロボでは幻夜役ですよ!若々しかった。
あと笠置シヅ子、可愛かったなぁ。こんな人でしたっけ?
なんか時代劇の方が可愛くありませんか?気のせいかなぁ。

昔日庵の形の披露のシーンもよかった。このドラマは
それぞれの流派の見せ所があるのがとても良い!ひとつひとつの形が様になっていて
昔日庵さんには十兵衛もなかなか勝てないだろうという雰囲気が伝わってきます。

十兵衛についてですが、お茶の席で「おっかしーなー」という気持ちを出しているシーンが
ありました。山口崇、さすがです。ふとしたところまで目の使い方を怠っておりませんでした。
気がつかないなりにも、変だなぁっていうことってあります。その辺りの演技素晴らしいですわ。


源内さんもそうですが、十兵衛も山口さん御本人の性格に似ていますよねぇ。
好きなものがあればとことんつきつめるというところ。
他のものはどうでもよくなって、スタスタいっちゃうあたりね。
源内さんも十兵衛さんも博学だし。




さてさて、私、今度三味線の体験入学に行ってきます!
長唄も全くなにも知りませんので、先生に白い目で見られないようにしたいのですが
まぁあくまで体験ですから、山口さんの気持ちを少しでも知りたいという気持ちからなので
楽しんでみようと思います!仕事の都合上通えるかどうかがまだわからないのですが
何事も挑戦、ということで。






署名TVにて、
山口崇主演NHK時代劇「天下御免」の映像提供呼びかけ及びDVD化
について、署名活動をしています!1人でも多くの署名をお待ちしております!
リンク先はこちら!
http://www.shomei.tv/project-1081.html

携帯からはこちら!
http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1081


是非御協力お願い致します!!!






スポンサーサイト
  1. 2009/05/17(日) 23:44:09|
  2. 柳生十兵衛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<肝っ玉母さん#2 | ホーム | グラフNHK 天下御免特集'72 6/1と大岡越前>>

コメント

おお!ついに三味線、なさるんですか。
いいなぁ。

コミカル十兵衛、私も好き。
「ふたり十兵衛」とかも良かったなぁ。
あと、ぜったいに進展しない艶っぽい向きも、「南国慕情」ではかなりいい線いったよなぁ……と勝手にひとり追憶にふけってしまう。
十兵衛は映像も脚本もいい。この十兵衛みたいに表情だけで不審な気持ちや悲しみや喜びを語って、よけいなことは言わせないんですよね。

十兵衛「殴り込み中山道」の回の影響で沢庵禅師の「不動智神妙録」を読んだけど、山口十兵衛のセリフがいかにこの思想の中核となるところを、わしづかんで、簡潔に表現しているかが分かります。
  1. 2009/05/18(月) 07:45:38 |
  2. URL |
  3. ポポ手 #J7nTh0B2
  4. [ 編集 ]

カルチャーセンターなんで

ポポ手さんも気軽にいけるところあると思いますよ!お月謝は4000円くらいでした。三味線は借りられます。

まぁできるかどうか、わからないですけどね…私根気ないし…人付き合いヘタだし…(自意識過剰になる)

南国慕情私も前に見ましたけど、珍しく十兵衛がいい感じでしたよね。あの回は鹿児島でしたか?

沢庵和尚からの光と陰の教えがどこかで生きてくるのかどうかが気になってるんですけど、沢庵和尚の再登場を待つことにします。

そろそろ翔ぶが如くにとりかかろうかなぁ。あととととか。
  1. 2009/05/18(月) 09:13:41 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

小川さんも俳小でしたね!

この回めちゃ好きなのでレビュー待ってました!って感じです!初っ端から十兵衛様どツンデレでたまらんかったですww又右衛門にはフツーに優しい(武蔵の回での再会シーンの喜び方見ても…)のに三九郎には超ツンデレだと思うの私だけですかwww
本当十兵衛様と三九郎コンビ好きです。次の回の旅籠での再会シーンのやりとりも笑っちゃいますし、信綱といるときとはまた違う十兵衛様の一面が見れて楽しい。私も殿様と話すときの十兵衛様の微かな表情の変化好きです。ついでに予告でもありましたが昔日庵に扇子をひゅっと投げるときの十兵衛様の表情が好き(マニアックwww)
しかし池部良はとんでもない美形ですね。匂うがごとき気品…うっとり。そしてお春ちゃんが笠置さんと知って私もびっくり!しかし家老がいちいちドジっ子だwww
あと加藤嘉はクラリスということでOKですね!(ニコリ)そういえば三九郎は次元…(^∀^)

そして天皇の世紀について。ジタチャンってなんでしょうワロスwww(ジダチャンって略したかったんですww)時代劇専門チャンネルで何年か前に再放送したんです。出演者が異様に豪華ですし(ナレーターが滝沢修!)もう一回見たいなあ。というよりDVD化を!(最近こればっか言ってますねww)
細川俊之私も好きです。「風と雲と虹と」でもよかったし、「獅子の時代」もよかった!(ついでですが、はるあき苦手なの私だけかと思ったので安心ww幸村役は私も好きです!草刈さんは「花の乱」の悪役も最高でしたねぇ)

ヤマトは第一巻では第一話とワープの回に燃えました。ワープの回は島がかわゆす!雪にはしゃぐところはなんだかしんみりしました。今日ニュースで映画のことやってましたね。それまでに頑張って見れるところまで見ますよ!
ジャイアントロボも見ます!なんという私ホイホイアニメ!

そして三味線頑張ってくださいませ!体験レポ楽しみにしてます(^O^)
  1. 2009/05/18(月) 22:35:03 |
  2. URL |
  3. 環 #MDo56pwE
  4. [ 編集 ]

映画版ヤマトにビクビクしていますww

あぁ普通に成功して欲しい。もう怖くてガクブルです。古代君が38歳ってwww波動砲が6連発ってwww
フルCGがいいもんか悪いもんかねぇ…まぁこれ考えるといろいろ疲れますので考えないようにしていますw
真田さんは出るんだよなー出るんなら見ると思う。多分。あーでも、評判聞いてからにしようかな…むー。


十兵衛ですが、やっぱりこの回いいですよね。
三九郎にマジでツンデレで。又右衛門にはやさしいなぁ確かに。又右衛門は十兵衛の癒しになっていますよね。犬みたいな。
三九郎はちょっと恋愛モード入ってるw十兵衛的に三九郎はラムちゃんなんだろうきっと。
池部良、傷だらけの天使でも、主役を食ってましたからね。もう歩くお香ですよ。彼は。

加藤嘉「いえ、あの人はなにも…」www

真田太平記は家族で流行したことがあってwうちもあーいう囲炉裏ほしいなーとか言ってました。
引くとゴゴゴ…と動くあれwあとたまに「わかりました」を「わかりまいた」と未だに言いますwww

  1. 2009/05/18(月) 22:55:44 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/19(火) 00:32:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/136-963f9e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)