ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天下御免(NHK)見ました!!!

NHK名古屋放送局内のライブラリーに行ってきました!
確かにネーミングセンスは問われるけども


NHK放送局内のアーカイブスライブラリで
無料で試聴できました。
第1回(フル)最終回(48分。いきなり切れます)を見ることが
できて本当に嬉しかったです!!!!!!

前から見たかった

「天下御免」!!!! 

感涙!!!!

「天下御免」とは。(←ウィキ参照)
ウィキ以外だと
概ね月刊?月曜倶楽部新聞というサイトが一番詳しかったかも。

脚本は早坂暁で音楽は山本直純。

ここでOPが聴けるから懐かしい方は是非!
http://www.h2.dion.ne.jp/~tinei/library.html
当時の写真はこちら!

音はこっちの方がいいです。

「船出の歌」歌:山口崇・林隆三・津坂匡章

♪船出だぞ 船出だぞ
 このうら船に帆を上げて
 自由の風をつかまえろ
 天 天 天下の御免丸
 風 風 風 風
 風はおいらがおこすんだ
 おれたちみんなが 風なんだ
 エイ エイ コーラの
 エイ コーラ

 東に 南に
 西にも北にも吹きまくれ
 自由の風よ吹きまくれ
 天 天 天下の御免丸
 風 風 風 風
 どこへ行くのも風まかせ
 自由の風よ吹きまくれ
 しゅら しゅら しゅららの
 しゅら しゅしゅしゅー

 ああ我らが
 天 天 天下の御免丸
 その名も高し おんぼろの
 天 天 天下御免丸(繰り返し)
 御 免 丸


イラストは黒鉄ヒロシ
なんて渋いメンバーなのっっ!!!!!!
ナレーションは水前寺清子。
「びいどろで候」の島倉千代子は演歌つながりなんだね。

平賀源内:山口崇
小野右京之介:林隆三
稲葉小僧:秋野太作(当時は津坂匡章)
紅:中野良子
八萬:山田隆夫
杉田玄白:坂本九
田沼意次:仲谷昇
半六:谷啓
北々斎:三遊亭圓生
桜:津山登志子
レンゲ:太地喜和子
平賀茂左衛門:ハナ肇
真田老人:伴淳三郎

太地喜和子が出てるじゃない!!!!
おまけに秋野太作も!!!!
この頃この二人ってこれがきっかけで結婚したのかしら?
太田光そっくりだね。 昔私太田光大ファンだった。
この手の顔に弱いんだろうか。

友達に太地喜和子に似てるって言われるけど
あんなにアイメイク濃くできないよ!!!!! したら似てるかもしれんけどさ!

私の好きなハナ肇も伴淳三郎も(渋い!声も!)
山口崇もほんとにハマってて(あの人って本当はいい人なのか
嫌な人か判らん俳優だと思う。インタビューとかだと嫌味なのが
気に入らないんだけど。でも好き。)
第1回は火野正平も出てるし豪華だのう。

しかし、ルパンととっつぁんコンビみたいだよね。
林隆三の右京之介と源内は。

随分と昔、NHKで過去の番組を放送する
(アーカイブスという番組が生まれる前ですね。
 10年以上前でしょうか?)特別番組で
見てからこの目でどうしても見ておきたかったのです。

山口崇氏本人が録画されていた分しかテープが残っていないのは
本当に残念でなりません。
今見ても演出が斬新でたまりませんでした。

リアルタイムで見たかった。
右京之介じゃないけど生まれるのが遅かった…!(私が)
で、あれ最後右京之介はどうなっちゃうんですか?
源内さんは一人で気球に乗っちゃうの?
誰か知っていたら教えてーーーーー
--------(追記)----------------------------------
某コミュニティでネタバレですが教えて頂けました。
はー、つかえが取れたみたいにすっきりしました。
最後も突拍子がないんですね。面白い!あぁ見たかったよう。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/12(金) 16:09:59|
  2. 天下御免
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<CSI:Miami S5 第1話 リオの決闘 | ホーム | 岸田森(修作)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/22-84640b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

禅と日本文化 (岩波新書)

日本文化の一端(例えば茶道とか剣道とか)を習得されようと努力されている方は必読?と思います。禅が日本文化にどのように浸透しているかを感じることができると思います。ずいぶん前日本の武術をたしなんでいたとき読みました。私は日本文化に全く素養のない1理系の人間
  1. 2007/10/15(月) 02:43:42 |
  2. あかねのblog