ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一龍斎春水 中村久子伝を聴く

■一龍斎春水のページ

名古屋で久子伝口演
 ■日時:8月23日(日)開演:午後2時~
 ■会場:安楽寺会館2階 
  一部:一龍斎春水「中村久子伝」
  二部:対談(中村久子さんの次女・富子さんと)

知人の方からお誘いを頂き、行って参りました!

声優の麻上洋子さんが講談師一龍斎春水となり17年だそうです。
私は宇宙戦艦ヤマトの放送した年には生まれてないんですが
一番好きなアニメはヤマト、と言い切れます。

内容は中村久子伝。実話を基にした講談で、その壮絶な人生は
ヘレン・ケラーをして「私よりも不幸であり、私より偉大な人」と言わしめた
(ヘレン・ケラー本人が自分を偉大だと認めてることになりゃしないか
誤訳なんじゃないかとか色々思いますけど)
本当に立派な方のお話です。「知ってるつもり!?」では3回も取り上げられたらしいです。

■中村久子


もう、話を聞いてるだけで涙が溢れてきてしまって…
春水さんの優しい語り口調に、思わずほろり。
終演してからサインを頂いたときも春水さんが「久子さんって凄いでしょう?」と
久子さんについて知ってほしい、という思いの強さに心が打たれました。

久子さんの次女の富子さんの豪傑っぷりも面白かったけど
勉強になることが多かったなぁ。自分ってちっちぇー人間だなと実感もして…

最近、落語や長唄や講談など、身近にこういった機会に恵まれるようになりました。
なんでしょう、私が知らなかったのか、間口が広くなっているのか
講談ってもっと難しいものだと思っていましたが、全然そんなことなかったです。

そこで春水さんが「自分がもっと色んな人達に伝える事が役目」というようなことを
お話されていて、あー、誰しも、こういうことが見つかることって幸せなんだなぁと思った。
同じとは思わないけど、私が今していることも、少なからず意味があるといいなぁ、
なんて思ったりしました。








スポンサーサイト
  1. 2009/08/24(月) 00:42:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山口崇雑感10(NHK時代劇の世界) | ホーム | 柳生十兵衛(山口崇版) #17 草笛峠 >>

コメント

初めてカキコいたします

>りへさま。
8月23日の講談会にはようこそお運びくださいました。
春水先生とは、りへさんが生まれた頃からのおつきあいで、
当方の結婚式にも参列してくださったり、
それはもう、当方にとっては「師」であり「姉」であり、大切な方です。
りへさんのように、「1日1回は春水先生摂取!」とまではいきませんが、
春水先生を通じて、あるいは春水先生の講談会を通じて、いろいろな方とのおつきあいが芽生え、春水先生には毎日感謝しております。
今回の会では、りへさんとも出会えて嬉しかったです。
これからもよろしくお願いいたします。

<追伸>
春水先生(麻上洋子さん)は、クイズタイムショックに、出場なさっていましたよ。
確か、山口さんの司会の時代だったような・・・??。
(椅子は・・・まわりました、涙)
  1. 2009/08/26(水) 09:51:53 |
  2. URL |
  3. 都田稀代 #Om8Z74yc
  4. [ 編集 ]

いらっしゃいませ

いえいえ、こちらこそありがとうございます。

春水さんって気さくな方なんですねー。
名古屋でああいった会があるなんて全然知らなかったので面白かったです!
私が声優さんで一番好きなのが山田康雄と富山敬の2人なんですが
富山敬さんとの共演をされていた方なんだなぁ、たしかすごく可愛がっていらしたんだよな
とか思うと感慨深いです。

タイムショック、結構いろんな人出てますよね!
マイミクさんで出場した人いるんですよ。
ハンサムで気さくな方だった、とか。私も7月に山口さんにお会いできてその気さくさに
さらに惚れてしまった次第です(笑)
  1. 2009/08/26(水) 10:39:58 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/247-332bc478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)