ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山口崇雑感10(NHK時代劇の世界)

とうとうこの山口崇雑感も10まで…
ここまで好きだと逆に読まれる方も引くんじゃないんだろうか…

1日1成分山口崇を摂取していないと落ち着きません(笑)
いかん!おかしい!いろいろおかしい!

多分今の私はマジスパと山口崇でほとんど構成されていると思うよ!
このブログだけで私を知る人がほとんどな気がするのですが
ちゃんと社会的な生活を送っておりますので、ご心配なく(してないかw)。

■「NHK時代劇の世界」を購入しました。
もちろん、天下御免伝説 という山口崇インタビューを読みたかったから!
扱っている資料ははっきり言って私が持ってるのと同じ。
でも山田隆夫さんのインタビューもあって面白いですよ。

かなり貴重なトークでした。ファンの方は是非お買い求めを。
読んでいて思ったのは、スタッフ、キャスト、時代、全てがタイミングよく揃った
まるで神様が「作れ」って指示したかのような神ドラマだったということ。
でも、風と雲と虹とも奇跡的にテープが残っていて、
平将門が奇跡を起こしたんじゃといわれていたけど
平賀源内さんが「実はこうだったんだよー」
って早坂さんに書かせたものかもしれないなぁなんて思うよ。

うちの旦那君もインタビューを読んで、
「山口さんが、ほんとにこの番組を愛してて、当時ほんとに楽しかったんだろうなって思った」
と言ってましたが、まさにそのとおりで、山口さんが、すごく愛してらした番組なんだなぁと思うと
私もなんだか読んでてほっこりしました。
山口さんが天下御免を「旅の途中でぽっかり点いている明かり」という表現をしていて、
それに感動。なんて素敵な例え方をするんだろう。
このムック本は3年前に発行されたものなんですが、
今でも語り継がれる名作中の名作だという事は
やっぱりこのムックの特集を見ても証明されています。

あぁ、でもペリー荻野さんが羨ましい!
私だったらもっともっと聞きたいこといっぱいあるのにー!!!!!
っていうか、ペリー荻野さん自身の生き方が羨ましい!!!!!



ほぼ(自分用)観賞のためのベストショットキャプチャ集。

十兵衛1713

十兵衛1506

寒流09

熱中時代0405

肝っ玉母さん

無題

天下御免キャプ9

柳生十兵衛1211

雪が似合ううううううううううううう!!!!!
よく見たら、おんなじアングルが好きみたいですね。私。
だから、顎から耳にかけてのラインが好きだからだ!!!!


さて、9月からは
「風と雲と虹と」
「影同心」

のレビューを始めます。熱中時代をいつ入れればいいんだ…。
影同心については、最初は画像の追加がないかもしれません。
PCに移す作業が結構めんどくさいのですよ。

あと、もうすぐ大和書房の天下御免シナリオ集が手もとに届きます。
図書館でしか読めなかったけど、ようやくゲット。でも番外編だけまだ手に入らないの。
これは全部揃えたいなぁ。

おまけ。タイムショック他の番宣。



あー、リアルに見ていた時代っす。とはいえ5歳か…。
でも仕事人も私がリアルに見ていたメンバーだし、金さんもリアルタイムは高橋英樹のだわ。
わー私ってほんとテレビっ子だったのね。
でも3歳から記憶あるから普通に見ていておかしくないな。




スポンサーサイト
  1. 2009/08/24(月) 01:18:25|
  2. 山口崇雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヒントでピント他クイズ番組 | ホーム | 一龍斎春水 中村久子伝を聴く>>

コメント

「そこだけポッと明るいんですよ」

私が山口さんにはまりたてのころ、一番最初に手に入れた山口崇関係書籍です。
これいいですよね。共演者との裏話(九ちゃんとブラウン管の中のジャネットリンを取り合った話とかww)もいいし、実は続編(びいどろで候じゃなくて!)も予定としてあったとか、まだ山口崇ビギナーだった私にはとにかく新鮮でした。しかし早坂さんが脚本を書いて下されば!ww吉原の大門で歌い踊るみんながみたかったなあ。
源内さんが書かせた…!本当にそうかもしれない。少なくとも、わたしはこれで源内さんイメージががらりと変わりましたもの。
本当、「天下御免」は奇跡のドラマですね。多分、メインキャストもスタッフも、一人でも違えてしまったら、今の時代にまで伝わるドラマになったかしら。あの源内さんを演じられるのは山口さんだけ、あの右京を演じられるのは隆三さんだけ、あの稲葉を演じられるのは秋野さんだけ、そして彼等を生き生きさせる話が書けたのは早坂さんだけ、そして早坂さんの脚本を生かす演出ができるのは岡崎さんだけ…まさに神が采配したドラマだなあと改めて実感します。

ちなみに山田くんと将棋対決してて、負けたらふてくされてた崇に萌えたのは内緒だぜwww
  1. 2009/08/24(月) 09:39:33 |
  2. URL |
  3. 環 #MDo56pwE
  4. [ 編集 ]

この本、私も持ってます!
そしてペリー荻野羨ましいぜと思ったのも同じだ。
りへさんと一緒にインタビューしたい!

影同心、まだ先だと思ってたら、もうじきですね。楽しみ。

それにしても私が年取ったとき、心をぽっかり照らしてくれる明かりって、何だろうか。
  1. 2009/08/24(月) 09:59:40 |
  2. URL |
  3. ポポ手 #J7nTh0B2
  4. [ 編集 ]

名作ドラマは多々あれど

環さん>ここまで伝説になっている番組ってありませんよね。
山口さんと九ちゃんって、ほんとに玄白と源内の関係だったんだなぁと思うと
うれしい反面切なくて…

びいどろで候は、時代もキャストも違っていたから、やっぱり似て非なるものだと思いますね。ミクシイのコミュで「少しは触れて欲しかった」という意見もあったんだけど、ドラマとしてはびいどろも面白かったけど、やっぱりあの破天荒さは
全員のパワーがひとつになって、指数関数的に増幅した結果だと思うので…

山口さん、負けず嫌いそうだよねw
  1. 2009/08/24(月) 10:29:01 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

インタビュー

したい。ほんとしたい。いいなぁペリー荻野さん…
時代劇専門チャンネルにもコラム書いてるし、CDのライナーノーツも書いてるし
おまけに愛知県出身だし…うらやましすぎる。


でも感無量になりすぎて冷静に話せなさそうな気がする…
柳生十兵衛からそのまま天下御免にシフトすることでどう変化があったかとか。
あぁ、やっぱりうまく話せない(涙)
  1. 2009/08/24(月) 10:35:39 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/248-f086b14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)