ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

影同心#1 夜霧の殺し節

更科右近 山口崇 高木勘平 渡瀬恒彦 柳田茂左衛門 金子信雄
お佐知 范文雀 おとら 菅井きん 小田頼母 勝部演之
源太 林大興 鳥居甲斐守 田村高廣 
柳田園江 丹阿弥谷津子
二階堂玄蕃 成田三樹夫 木曽屋 内田朝雄


ホームドラマチャンネルより。
江戸・天保の頃、切れ者で策士といわれた鳥居甲斐守忠耀が南町奉行所に着任した。
その南まち奉行所に3人の同心がいた。定年間近で昼行燈とバカにされていた
勘定役・柳田茂左衛門、調子ばかり良く、
ごますり右近と呼ばれる更科右近、
無愛想で乱暴同僚から厄介者扱いされている高木勘平である。
いずれも奉行所内では役立たずの烙印を押されておいるが、
この3人実は影にまったく別の仕事をもっていた。その仕事とは、
奉行所の通常権限では裁くことの不可能な事件を、合法、非合法な手を使い
徹底的に相手を倒すという仕事であった・・・。(全28話)





雨の晩。
客待ちをしていた夜鷹の前に女中姿の女が宿屋から
悲鳴をあげて逃げてきた。夜鷹の目の前に武家姿の男が現れ
男はその夜鷹を斬って捨てる…

材木問屋の木曽屋から名刀を贈られた旗本二階堂玄蕃は女を試し斬りしたのだ。

その遊女はおろくと言った。
南町奉行所の勘平や右近の上司、小田頼母は
家族の下へ仏を返すのだが、特に何も調べないまま後にする。
おろくは、病気の父親と妹の為に自ら遊女になった哀れな女だ。
おろくの父親とおろくの妹おあきはろくに捜査もされないことに愕然とし悲しみに暮れる。

高木勘平は、金貸し婆のおとらに借金があるのだが、刀を借金のカタに持ってかれてしまう。
あわてた勘平は源太から金をムリヤリ奪いその金をおとらに返そうとする。
おとらはおあき達のいる長屋で仏を弔っていた。
同心姿の勘平に「帰って下さい」ときつく当たるおあき。
「貧乏人は、お役人も取り合ってくれない」
事情を知った勘平は返済の金をおとらに頼み親子へ渡すよう頼み
夜鷹だと見下し、何の手も施さなかった小田への怒りを覚える勘平。

町人姿に化けた勘兵は宿屋八百梅に乗り込み武家姿の男の正体を突き止めた。
二階堂玄蕃と材木問屋木曽屋。

影同心0103

木曽屋は一帯の材木を買い占め、材木の価格を高騰させ、私服を肥やしていた。
また二階堂は次期若年寄が内定しており、
就任した折は木曽屋を御用商人にすると密約している。
木曽屋、二階堂のもと向かった勘平は体よくあしらわれ
南町奉行鳥居甲斐守も二階堂から既に釘が刺さされていた。

影同心0105

一方右近は小田より材木の値段が上がっている訴えの調査を任される。
原因は木曽屋なわけだが、右近は源太を使い木曽屋の若い衆を力づくでねじふせ
何故材木を売り惜しみしているかを問いただす。
なんでも、近々お上の大工事がある為その為に保管しているのだそう。
「おかしいじゃねえか。お上の工事は入札だろう?」
二階堂と木曽屋はおろく親子の住んでいる長屋一帯を買い占め
御殿を作ろうと計画していた。長屋の住人は立ち退きを迫られる。

番所には八百梅の女中が訪れ
「斬られるのは自分のはずだった」と全てを話す。
木曽屋が二階堂に名刀を贈り、その試し切りに遭うところだった、と。
小田は鳥居に申し出、目付け役を通して二階堂になんらかの処分を願い出たのだが
鳥居甲斐守は「目上となる人間を処分はできない」とその訴えを取り下げる。

影同心0104

すると、懲りない二階堂は若い町人の男を辻斬りした。
勘平と右近は現場に駆けつけ、すぐ二階堂の仕業と気づく。
また、おろくの父親は直訴と見せかけ、二階堂に近づき二階堂を包丁で刺そうとするが
すぐに無礼討ちに遭ってしまい、果てる。
おあきはもう誰も信じることができないと号泣する…

柳田はそれとなく鳥居に二階堂の件を伝えようとするのだが
鳥居はさらりと交わしてしまう。ところが、鳥居が「落とした」懐紙には
「狩」の一文字が赤丸で印されていた。

右近は小田が助宗という名刀を持っていることをいいことに
「1日だけでいいですから、貸してくださいよ~」と拝借。
おさちは二階堂に助宗の目利きを頼みに伺い、一旦は刀を持ち帰る。
すると木曽屋が訪れて助宗を二階堂に譲って欲しいと申し出てきた。
町人になりすました柳田は断固として断り、もう一度見せるだけならと
木曽屋の持つ向島の屋敷に来るように頼まれた。
罠にかかってくれたのだ。しかし木曽屋の男がそれに気づき
向島の屋敷はヤクザ者達が息を潜めていた。
例によって試し斬りされそうになるおさちだが…

木曽屋の手下は右近の櫛で喉元を刺され
影同心0107

柳田によって木曽屋は睾丸をひねり潰され
影同心0108

そして二階堂は勘平の大刀で刺す→斬る→頭から叩き斬られたのだった。
影同心0106

翌朝小田が二階堂と木曽屋が斬られたと現場へ急ぐ。
勘平達はそ知らぬ顔で彼らを見送り、おとらの取立てを気にしてそそくさと逃げるのだった。


見ましたよー!写真は携帯なので粗いのはご容赦。
PCに落とすのは全話終わってからになると思うので…
旦那君が時間ある時じゃないと無理なんです。ごめんなすん。
サムネイルはクリックすると別ウィンドウで拡大されます。

いやー思っていたより面白いですね、これ!
必殺よりもじめじめしてないのがいいかも。
源太のカンフーには笑ったwwwちょwww江戸時代wwww
あと商売の為にやってるわけじゃないんですね。
成敗した後もお金に困ってるというところはアンチテーゼなんだろうか。
じゃあ同心の出世の道もなさそうなこの連中は何であんな技を持って
こんな危険なことをしてるんだろう???と疑問はありますけども。
昼行灯の同心ながら、同心の皆とは普通に仲良くやってるんですね。このお三方。
和気藹々ムードの同心メンバーのシーン良かった。
小田頼母も、一応真面目にやらなきゃいけないところはやるんだなぁ。
一概に悪い奴とも思えない、なかなか魅力的なキャラクターだと思います。
田村高廣は相変わらず美しくて。おまけにちょっと食えないキャラクターで
愛嬌があっていいですねぇ。「やっておしまいなさい!」って感じじゃなくて
全員江戸っ子の粋を感じるので、いいなぁと思う。

おさちは髪結いなんだね、だから皆町人姿にすぐ化けることができるのかー。
町人になって敢えて刀を使わない(勘平は一応刀ですね、すみません)のは
同心と気づかれないように、という事なんだと思う事にしておく。
変装が入る辺りも面白いと思うな。

山口崇の軽妙さが実にいい!!!!
やっぱり「ちょいワル」要素があるとこの方は魅力が増しますね。
影同心0101

殺しのシーンのこの写真ですが
影同心0107
あの目の形、あの形の人めったにいませんよ!!!!山口さんは瞳の色もそうだけど
この、目の形が、ものすごい完璧な角度なんです!!!!!!
これは主張したい。大いに主張したい。
ギャップの演技がカッコいいのかなーと見る前は思っていたんですが
普段の何でもない右近の演技、これにつきる。
貞盛や十兵衛の厚みのある演技もできるのに、本当に山口さんはカメレオン俳優だ。
様々な役を演じられるのにどことなく人の「情」というものが表れていて…素敵だ。

「俺たちどーして仲いんだろう」
「だって同心だもん♪」のくだり、かわいくていい!
三人が仕事上の仲間で、仲良しという設定も私は好きです。
影同心0102

金子信雄の丹阿弥谷津子との絡みは、何故か敬語でいいですねぇ。
ほんと味がある。「嫁して三十年~」のくだりがユーモアたっぷりですねぇ。
実の夫婦ってのもほんといいです。

勘平役の渡瀬恒彦氏ですが、山口さんと同郷淡路のご出身。
とはいえ渡瀬兄弟は相当名が通った…だったそうですからね、今回の勘平の役が
うわー、まんま素の渡瀬恒彦なんじゃ・・・とドキドキしました。
さすが芸能界一喧嘩の強い男です。
三回斬ったのは、おろくとおろくの父と若い男の分だろうか?

いやー、あと成田三樹夫、予想どおりいい感じ!
あれだなー成田三樹夫と岸田森ってちょっと雰囲気が似てるかも。
時代劇の悪役をやるときね。普段は違うんだけど。

いずれにしても毎週の楽しみが増えました!
殺しのシーンは見てる方がちょっと照れるんですが、いずれ慣れますね。
(これが必殺!本シリーズだったら何の疑問もなく見れるんだけど…)
私も必殺、見てはいたけど、比較ができるほど知らないので
比較が希望でここに来られた方は物足りないですね、申し訳ありません…




スポンサーサイト
  1. 2009/09/02(水) 22:42:50|
  2. 影同心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<天下御免(NHK)署名50人に! | ホーム | 影同心まであと3日>>

コメント

しまったぁ。

今日からだと思って初回を見逃しました。深夜はマクベス巡査が予約録画されてたから同時録画できなかったし。
明日はきっと!(好きになれるかどうか不安はともなえど。)

山口さんのあの目で見られたらコロリだわ、私。櫛なんぞ要りません。


署名、50件達成、おめでとう。
山口さんについて語れる人たちが少しずつ集まってきて私もすっごく嬉しいです。
  1. 2009/09/03(木) 09:30:21 |
  2. URL |
  3. さむ #-
  4. [ 編集 ]

マクベス巡査

ロバート・カーライル、あれも面白いですよね。

必殺ってギャグみたいなところあるのでそこはなかなか慣れるまでに時間がかかりそう。
あんまり期待しないで見ると、面白いと思いますよ。
でもりりしい山口さんじゃないからなー。感想もとむ。
  1. 2009/09/03(木) 13:00:12 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/254-c4696d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)