ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

This Is It michael jackson…

ロンドン公演が行われる―そのニュースをネットで知った時、胸が躍りました。

さすがに、自分は行かないけれど、世界にマイケル・ジャクソンここにあり、と
完全な復活、そしてラスト公演で締めくくって欲しい。
マイケルがすごい事を皆知れば、ゴシップなんて飛んでいくだろう―

そう思っていました。

朝、携帯で亡くなったとのニュースを読んだとき、叫びました。
望んでいたことが、露と消えてしまったのです。
おおきな、大きな穴が心に空いてしまいました。

人は単純ですから、亡くなった後、その偉大さを知り、称えます。
でもそれはそれで、認められず葬られるよりもずっといいとは思うのですが
私の、ニュースを知った時の無念さはいまだに消えることはありません。

小さい頃姉がよく見ていた「ベストヒットUSA」を一緒に見て育った私は
マイケルとマドンナとユーリーズミックスとカルチャークラブが大好きでした。
そして中学からはMTVを見られる環境になり
ひたすらミュージッククリップばかり見ている時代が続きます。
MTVの資本がVIBEに移るまでそれが続きました。
(個人的には今のMTVは、はっきり言って
あの固有名詞たる「MTV」ではなくなっていると思います。)

何度となく流れ、何度となく見たスリラー。
そして、昔、中学時代NHKBSで放送した(と記憶している)マイケル・ジャクソン特集。
確かHISTORYのあたり、放送していなかったかな。
中学時代にその影響で友人から借りた「DANGEROUS」。
あのとき聴いた曲・見たPV。
マイケルは神だ。最高だ。
そう確信して今に至ります。周りが何を言っても
「マイケルは最高だ」「なんだかんだいってもマイケルはすごい」とだけ言ってました。
ただ、存在が圧倒的すぎて、日々曲を聴いていたかというとそうではないのですが
(というよりも音楽自体聴ける状態じゃなかったというほうが正しい)

でも、マイケルは私のなかで「アーティストとして最高・頂点」
という位置づけには変わりなかった。

マイケルはゴシップに打ちのめされながらも強く生きてきた人だと思います。
どうか、このスピーチをきいてください。
マイケルがどんな人となりであるか、人が言葉で語るより
彼の言葉、彼の歌、彼のダンス、それを見れば、わかるでしょう。

ThisIsIt-それは愛。これはマイケルが伝えたかったことなのではないでしょうか。

映画、見ていない人は、是非見て下さい。
マイケルをよく知らない人も、気になったらぜひ見て下さい。

そして、マイケルのスピーチをここに載せます。
どうであるかは、ごらんになってから…












マイケルが何故白いの?と思う人は見て下さい。
実は私もマイケルのファンでしたが肌だけは、
「病気に便乗して漂白していた」とおもっていました。
でも違いますね。もっと、うまくカミングアウト出来ていたら…
いやでもきっとマスゴミが歪曲してしまうんでしょうね。





多くの人の誤解が解けますように。





スポンサーサイト
  1. 2009/11/09(月) 00:06:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<NHK大河ドラマ源義経(1966版)放送予定 | ホーム | NHK 天下御免 第1回ラストシーン>>

コメント

マイケルの動画ありがとさんです

今年の8月からマイケルと同じ白斑症を発症しました。化粧でごまかしてますが、マイケルの言葉を聴いて、そんなことはすっかりすっ飛んで、心から深く癒されました。
私も自分の仕事を通して、社会と世界の愛のためにがんばるぞー!!
  1. 2009/11/09(月) 17:53:17 |
  2. URL |
  3. 姉氏 #-
  4. [ 編集 ]

マジですか…?

全然気づかなかったよ。
もともと白いのに…

マイケルは病と戦うアーティストとして人に見られたくなかった為にあまり病気のことをオープンに話さなかったらしいです。
彼が憧れるヒーロー像があったそうですよ。

with love
with love
L-O-V-E

とマイケルがスタッフに注文をつける時につけくわえて言った言葉です。
決して怒らず、愛を持って接してました。
かなり感銘を受けましたよ。
プロ意識を持って、人を赦し生きたいと思う。
  1. 2009/11/09(月) 18:12:56 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/278-58a0875c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)