ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

坂の上の雲#4感想ひとり実況中継

朝鮮西岸 豊島沖
清国艦隊と遭遇。戦争の火蓋が切って落とされた。

巡洋艦難波から清国兵を乗せた英国商船に使いを出した。

英国人の船長は、汰古港にこの船を引き戻させるという。
船長は、清国兵から脅されているのだ。

「ただちにその船を見捨てろ」と信号を送った。

しかし英国商船は従わない。船長はやはり脅迫されていた。

東郷

「撃沈せよ」

うわああああああああああああああああああああああ。
緊迫しとる!!!!

撃沈。

笑顔の清国兵の写真はきっついわ…

英国商船を撃沈した報せを聞いた伊藤博文は
イギリスからの報復にびびりまくる。
まぁ気持ちはわからんじゃないけども。


あれ!!?竹中直人キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
知らんかった。出てるんだ。小村寿太郎の役なんだ。
ぴったりだwネズミ行使となwww
竹中直人って、いつも竹中直人だよねw
しかも石丸謙二郎w
まぁ小男で無粋だと、イギリス人は嫌うだろうね。
なんだ、この刺すような視線はてwww

いや李鴻章と小村のやりとり面白いw
石丸漏らしそうだったね。

あ、山本権兵衛、石坂浩二なんだ。太ったね。
なかなか薩摩弁うまい。あんまりこんなよくしゃべる薩摩藩士はおらんな。
ドラマだから仕方ないけど。

いやあ、渡哲也、かっこいいわー。


シンさん、旅順要塞を偵察。
その間なんと旅順要塞の最高司令官が逃亡したとの噂有り!

お、ここで大山巌が出てくるのか。
はー、あの大山さぁがこんなに立派に…切ない。

シンさんは第二司令軍の大山に上申書を出して、作戦を実行しようとしたが
おびただしい数の清国兵に遭遇したシンさん達。どうなる。どうなる。

銃撃戦。

いきなり不利になった。

兵が萎縮しておる!


そこでシンさんが先頭へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
ぎゃああああああああかっこええええええええええええええええええええ

敵方は3000と主翼部隊をよこし、日本軍を包囲せんとした。
退却準備にかかる日本軍たち。
そこでもシンさんは、しんがりを勤めるという。すごい。


けっきょく、丸一日で要塞は落ちてしまった。
清国兵の士気の低さが原因だという。
要塞が陥落する瞬間はやらないんだね。もったいない。






のぼさんきたーーーーーーーーーーーー!!!!


のぼさんは、従軍記者になりたいのか。
そんな体で!?
陸先生、いい味だなぁ。飄々として。そして教養があり、優しい。
そうなんだよな。この作品、真に嫌な人というのが出てこない。
誰もが正義を持ち、闘っているんだ。

のぼさんは、俳句の写生という観念、観点を作り出したすごい人なんだなぁ。

じゅんさんも、シンさんも、戦場で戦っているのに
と、腐るシーンなはずなのに、庭の踏み石でもみじの色をガーゼに写している。
このドラマのすごいところは、こういうところだよな。
悔しさなんて、そんな簡単に表せないよね。
行き場の無い気持ちをひとはこんな風に、昇華していくんだよ
泣いた。

そしてじゅんさん。じゅんさんが部下達に豆を配るシーン。
また泣く。

艦が攻撃され、爆音にじゅんさんの鼓膜がおかしくなる。
部下達の四肢は飛散し、原田も既に息絶えていた。
花田、完全にフラグ立ってたもんなぁ…

艦隊戦、もっと長くやってほしかったなぁ。あっさりしているあたり、司馬さんらしいけど。

この艦の惨状、よく放送してくれたなぁ。
もっとひどかったんだろうけどね。



のぼさん、従軍決定。
めちゃくちゃ喜んでいるけど、もう体が心配すぎる。
完全にカルチャーショックを受けたな。のぼさん。
そりゃ征服者なんだから、恨まれるよな…

森鴎外との出会い。
榎木孝明さあああああああああああああああん!!!!!!!!!!
素敵すぎる。ぴったりだ。鴎外。

のぼさんは結局1ヶ月しかいなかったのか。
にもかかわらず大陸で病状は悪化してしまうのね…


日清戦争は日本の勝利。海軍は佐世保で祝賀会。

じゅんさんは広瀬武夫に海軍を辞めるなって言われる。
気分が乗らないじゅんさんは屋内にこもろうとするが
そこには東郷が。4年ぶりの再会。

3人の部下の命を失ったじゅんさん。(もっと死んでなかった?)
「良き指揮官とは」と東郷に尋ねる。

自分が信じた決断を、神のように信じねば、兵は動かぬ-




また泣いた…
自分が信じた決断を、神のように信じねば、兵は動かんと
東郷は言うけど、ほんとにそうだ。
だからやみくもに決断を下すのではなくて、その準備に真剣に取り組まないといけないんだね。
これ自分の中にも来るものがあった。
私に足りないのはこれだ。自分を信じること
自分自身が、自分を信じることが必要なんだ。

「神のように信じねば」

ここの「神」を本当に宗教に求めるのか、自分の奥底に求めるのか、それは人しだいだけど。
自分の中で、信じないといけないんだなぁ…



やっぱり今回も、拍手。

スポンサーサイト
  1. 2010/01/06(水) 21:04:23|
  2. 坂の上の雲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<坂の上の雲#5感想ひとり実況中継 | ホーム | 今日、お風呂で聴いた曲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/297-88928581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)