ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

龍馬伝#8

兄権平が家督継ぎ、挨拶回り。
その帰り、弥太郎の父弥次郎が庄屋の島田と子分にめった打ちに遭うところに遭遇。
江戸で勉学に励んでいた弥太郎は手紙でそのことを知り14日で実家に着いた。
弥太郎が足を血だらけにして帰ったところ、家族と龍馬が看病していた。

弥太郎は庄屋のもとに殴りこみにいくが剣も錆びている体たらく。
笑って帰される弥太郎。
既に奉行所が沙汰をだし、全て弥次郎に責がある事になっていた。
憤慨する弥太郎。
そして龍馬が奉行所に不服を申し出たということも聞く。

龍馬は武市の道場へ弥太郎のことを相談しに行くが
「弥太郎に関わって何の得がある」とあしらわれる。
「日本は異国に狙われるちゅう。こんまい事はどうでもええ」
そして武市は江戸ゆきが決定したとのこと。剣術修行とのことだが、
各藩の攘夷派と会う為だと言う。
岡田以蔵と平井収二郎も一緒だ。

龍馬は加尾と再会する。
ふたりで町へと歩いた先、饅頭屋長兵衛が文字通り饅頭を売っていた。
加尾は長兵衛から龍馬の江戸ゆきのことを知らされ、
龍馬は黙っていたわけではないがばつが悪い。加尾は顔色をかえて去ってしまう。
長兵衛は加尾を追おうとする龍馬を引き止めた。
龍馬が弥太郎の件に顔を突っ込んでいる事を既に知っていたのだ。
庄屋の島田と奉行所は贈賄の疑いがあり、癒着しているという。
今回の件は田畑の水を島田が独り占めにしたことにあったのだが…
むごいことだ、と龍馬は感じた。

加尾が家に帰ると、兄収二郎が待ち構えていた。
「龍馬とわしらは意見が違う。もう昔とは違うんじゃ。龍馬には近づくな」

そんな中、龍馬と町で出くわした加尾。
どうしてよいかわからず逃げ出す加尾を龍馬はつかまえる。
龍馬は今でも好きだ、一人前になるまで待ってくれ、と。

弥太郎の家へ足を運ぶ龍馬。弥太郎は「もう関わるな」と不機嫌だ。
龍馬は提案する。庄屋の癒着を吉田東洋に訴えようと。
東洋は直参の武士の酒癖の悪さを一渇したという気骨のある人物だ。

弥太郎と龍馬は東洋の門前で三日間も待った。
「下士が直訴したからには、手打ちも辞さない」と言われてしまうが
二人は真剣に訴えを申し上げる。

東洋は二人の訴えに「黙れ!!!!」と一渇。
「おまえらに泣き寝入りする以外に何ができる」と一蹴。
それでも龍馬らは、東洋が以前直参をこらしめた件を話すと
「わしは天才だから、何をやってもいいんじゃ!」と返された。

弥太郎は「龍馬、おまえにだまされた!」と怒るがそのまま黙っているわけがない。
弥太郎は深夜奉行所に落書きをする。龍馬もなんとなくそうだろう、と奉行所に。

「おまえはなんでこんなに関わるんじゃ」と弥太郎。
龍馬は、「お前は、あんなに行きたがった江戸から帰ってきたからの。」
足を血で染めて必死に帰ってきた弥太郎の姿に、龍馬は打たれたからだと。
弥太郎は笑う。「なんじゃ、そんなことじゃったのか。聞いて損した」
と言いつつ弥太郎は何故か嬉しそうだ。

弥太郎の落書きが翌朝評判に。その後弥太郎は投獄される。
弥次郎は、龍馬から「弥太郎が刀を売ってつくった金」を渡す。

「なんで龍馬さんは牢に入らんのじゃ」と悪態をつく弥次郎。
龍馬は笑ってごまかすが、弥次郎はいたたまれなさそうだった。

弥太郎は牢から叫ぶ。
「見ておれ、龍馬。今にここからはいあがってみせる!」

龍馬も「弥太郎、江戸でもっと学んでくるきに!」
と江戸への旅路をゆくのだった。


田中ミンさんが、もうかっこよすぎる。
吉田東洋は気が短かったらしいからね。あんな感じだったのかもね。
しかし、帯を締めるところだけで全てを醸し出すようなあの存在感はすごいわ。

龍馬もいいですね、「わしもくやしいがじゃ」と言うところ、初めて龍馬の素が出たみたいで
一瞬すごい上手でした。
あー、江戸に行っても弥太郎はあんな成りなのか…
早くいいおべべを…
もうすぐ東洋の塾に行くんだろうな。どういうきっかけで行くのでしょう。
後藤象二郎の紹介で行ったという説がありますが、そのあたりどうするのかな?



スポンサーサイト
  1. 2010/02/21(日) 21:00:54|
  2. 龍馬伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<龍馬伝#9 | ホーム | 藤田まことさん死去>>

コメント

こんばんは。
田中泯さん凄いですよね。
吉田東洋の「俺は天才だから殴ってもいいんだよ!(略)お前らに何が出来るんだよ!」
ってセリフには思わず吹いてしまったんですけど、まあこの人が言うならしょーがないよね~~と思わず納得してしまいそうになりました(!?)

「あんなのでもたった一人の親父だから」と頑張る弥太郎ちゃんがいじらしかったです。
  1. 2010/02/24(水) 21:52:09 |
  2. URL |
  3. とくめい #AGI7I832
  4. [ 編集 ]

今回、脚本良かったなーって思いました。どっちかっていうと監督の意思が働いてない?今回の脚本は…と思ったんですが。ミンさんが話すと説得力がありすぎます。ああいう人もいて当然なので、その辺最近漫画でしか出てこないタイプのキャラがドラマに出るのが新鮮。
  1. 2010/02/24(水) 23:15:55 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/320-089ec5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)