ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

龍馬伝#11

乙女の嫁ぎ先の居心地の悪さは甚だしいようで、昼餉に愚痴をこぼしまくる乙女。
皆は岡上家の話が面白く、笑い転げるが、どうにも龍馬は上の空。
加尾とのことが忘れられないらしい。

岩崎家-
弥太郎の長崎からの手紙を繰り返し読んでもらっている弥次郎。
弥太郎の活躍が嬉しくて仕方がないらしい。
ところが、そんなところに張本人の弥太郎が現れた。
なんと長崎からお役御免になってしまった。
藩の金を使いすぎてしまったのだ。

この時、桜田門外の変が起きた。
武市の祖母が亡くなった時でもある。
武市道場では志士が集まり、攘夷の檄を飛ばす。
そこにうらぶれた龍馬が。
武市に、自分は甘かったことに気づいた、とこぼす。
世の中に関わらないで生きていくことは無理ですのう、と。
その言葉に武市は反応し、
「わしと一緒に戦こうてくれるのか」
ところが龍馬は
「武市さん、皆を集めて一体何がしたいのですか」
武市は吉田東洋を引きずりおろすことを今の目的としている。
「だったら皆をあんなにあおることはないですろ!」
これだけあおられたら、上士に斬りにかかることがあるだろう、と。
「自分から世の中に関わりに行くということは、わしに説教をすることかい」

龍馬は、あっさりすみませんでした、と引き下がる。
武市「龍馬、お前、変わったの」
龍馬「甘かったことに気づいた、それだけですき」

池田忠治郎という若い武士が上士にリンチにあい、殺された。
それを聞いた兄虎乃新が上士を斬り殺した。
上士と下士が一触即発の危機にある。
慌てて武市はとめにかかるが、
「上士にひるむことはないと言ったのは武市先生じゃ!」
そうじゃそうじゃと皆加勢する。
そこに龍馬が現れた。
武市の命に従え、そうでなければ、武市との絶縁状を書けと。
武市は、自分が上士に非があることを認めさせる!と駆け出そうとするが
「相手も怒りくるっちょる。武市さんがいきなり行ったらあぶない」と
龍馬が丸腰で東洋のもとへ向かった。

弥太郎が東洋のもとに現れた。下士が何人集まってるか、報告しに来たのだ。
上士に蹴り飛ばされる弥太郎。
自分が使った百両は、このあと何倍も何倍にもなるものと信じて使ったのだと
必死に言い訳する弥太郎。
にやりと笑う東洋。「わかった。おぬしを郷回りにしちゃる。」
下士の動きを、報告する役目をおおせつかったのだ。

龍馬は武市らの使いとして、現れた。
「このまま上士と下士が戦をしても、藩の取り潰しになるだけですろ!」
東洋は上士らに「刀をおさめよ」と命ずる。
後藤象二郎が武市との話し合いをするということで片付いた。

弥太郎は、龍馬の器が大きくなったことに驚く。

結局、虎乃新が腹を斬ることで収まった…

龍馬は気に入らない。「どうしてこういう始末のつけ方しかできんかぜよ」

武市が来ていた。

「虎乃新を死なせたのは、このわしぜよ。お前の言うとおりじゃったのう」

武市は、自分達志士が集まって、一大勢力をつくり、上士らが無視できんようにする、と。
龍馬も仲間になれ、と。
龍馬は武市に言う。
「異国と戦うゆうて、結局は、吉田東洋様との喧嘩じゃ」

弥太郎は龍馬を呼びに来た。東洋が会いたいという。
龍馬が変わったことに気づいた東洋は、龍馬を重用したいと考えた。
お小姓をおおせつかる。驚く弥太郎。
しかし龍馬は、即答は控えた。

その晩、武市に道場へ呼ばれる。
武市は土佐勤皇党を結成。100名あまりの志士たちに囲まれ、血判状に署名してくれという…


ちょっと前回の件で感想を。
平井収二郎って、上士なんですよね。本当は。
だからあの理由はちょっとなぁと思いました。
だいたい、下士の娘が宮仕えできるはずがないよな、
と思っていたのでおかしいと思ってたんですよね。
武市も一応下士だけど白札の扱いだし、
すっごくわかりやすいグルーピングをしちゃったなぁというのが感想。

今の視聴者って、そんなにわかりにくいのがダメなんだろうか…
私は、翔ぶが如くが好きなので、もう一人一人がぐちゃぐちゃいろいろ関係しているから
好きなんだけど。
ガンダムだって、すっごい人間関係複雑じゃないですか。
なんか、すごく残念です。そういうの。

さて、今回は誰が主役っていうのがあんまりない感じでしたね。
あと、弥太郎の長崎留学のあたり、もっと扱ってくれると思っていたのに!!!!!
すごいもったいない!可愛そう!ちょっとでもカット使ってよ!!!!
なんかがっかりです…
てか龍馬は失恋で人が変わってしまったってことでFA?
ちょっとそれ、みっともなくない???龍馬はこのご時世、いろんな動きがあることに
まるで興味がないように書かれているけど、本当はもっといろんなことに顔を突っ込みたい
って思ってたんじゃないのかなぁとか、まぁいいんですけど。
今回はちょっと不満が結構ありました。

あと田中ミンさんはあと数回しか出ないのかな。いつまでも見ていたいのですが。








スポンサーサイト
  1. 2010/03/14(日) 21:29:02|
  2. 龍馬伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍馬伝#14 | ホーム | 龍馬伝#10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/323-50905b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)