ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

びいどろで候 だから津軽じょんがら

全体的に、ひとつのシーンが長い。
5分で終わっていいものを10分かけてやってる。
時代だったのかなぁ。今見ると冗長に感じる。
それと、ナレーションはチータだから良かったんだなーと。
島倉千代子はちょっと下手だったね。
そういえば山田五十鈴はおりくの役っぽかったんだった。
忘れていた。早坂暁先生だから許される。

主人公が平賀源内じゃないのが辛いところ。
リーダーの源内さん、ライバルで親友の右京や仲間たちという
キャラクター造形が話を引っ張っていた前作に対して、
お蘭が主人公のため引っ張る事が出来ず、周りがウロウロする構図になっている。
これが話にテンポが生まれなかった原因だと思う。
行動するのはピーターや萩原流行が動く事になるのだが
せっかくだから源内さんに行動させれば良かったんだよ。
娘を登場させなければ山口さんだってあんなにおじいちゃんの役にならずとも良かったんだからさ。
山口さんの平賀源内が出ると途端に良くなるもんね。
もったいないわー。

なんていうか、バブルの時代だからですかね、ちゃんとやることが恥ずかしいみたいな…



スポンサーサイト
  1. 2012/07/14(土) 16:50:50|
  2. びいどろで候
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<びいどろで候 江戸で結婚すれば  | ホーム | びいどろで候 なんで津軽じょんがら 上の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/451-d1053136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)