ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山口さん総監督の洲本公演の記事載ってます

神戸新聞に記事がありますよ!

俳優山口崇さん総監督で音楽民話劇 洲本で4月4日

山口さんが総監督ですが、主役は邦楽を継承されている洲本の皆さんだと思います。
きっと山口さんの事ですから全員の力を引き出す演出をされるんだと思うなぁ。

タヌキが主役ってのも、微笑ましいです!





スポンサーサイト
  1. 2015/03/05(木) 19:49:35|
  2. 山口崇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<5月に時代劇専門チャンネルで大岡越前2006スペシャルがあります | ホーム | 2015年4月4日(土)淡路島洲本で山口崇さん台本・演出の公演があります>>

コメント

紫右衛門狸

音とたかしと昔ばなしでも、
淡路の狸のお話されてましたね。

柴右衛門狸は、色々な説があるみたいですが、山口崇さん演出ではどうなるんでょう~

実家は東北のど田舎ですが、
子供の頃、おばあちゃんや近所のお年寄りも狐や狸に化かされた話を真剣にしていたのを思い出しました…

現代にこういう民話を聞くのって、
心にゆとりが出来そうですね。
  1. 2015/03/10(火) 21:57:45 |
  2. URL |
  3. たま #-
  4. [ 編集 ]

Re: 紫右衛門狸

たまさん

いつもありがとうございます。
私はラジオを聴いたことがないのですが、
そうなんですね、山口さんがあたためていた民話なんでしょうねー。

山口さんが誰に対しても気さくで、分け隔てない方なのは
こういった各地で民話を蒐集されていた事があるからだと思うんですよね。

私の祖母も狐に化かされたかも、とか普通に言ってました。
ただ、子供の頃「不思議な感覚」というのを経験したことがあって
あれが未だに説明がつかないのですが、親子で出歩いて2人とも同じ感覚を持って街を歩いた事があり…
今はもうありませんが、狐につままれるってこういうことかなーって感覚はありますねー。
  1. 2015/03/10(火) 22:18:04 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

めちゃくちゃ忙しい中、各地域のお年寄りの話をゆっくり丁寧に穏やかな雰囲気で傾聴する山口さんが目に浮かぶ気がします。
方言の強い地域は言葉を拾うだけでも大変でしょうから、想像するよりずっと根気のいる作業なんじゃないかと…

それと、りへさんのいう子供の頃の不思議な感覚って、すごい分かります!

心の引き出しの奥の方にこっそりあるちょっと愛しい懐かしい思い出(感覚)ですよね。

私は子供の頃、姉が近くの氏神様にゴマ煎餅をお供えした帰り、ドンと音がしたのでビックリして戻ってみたら、煎餅のゴマだけなくなっていたと教えてくれました(笑)

小さい姉妹は、この神様はゴマが好きなんだと思っていましたよ~。
今考えると蟻かなんかがゴマを食べたんじゃないかと思いますが(笑)

民話って、色んな人が体験した、こういう狐につままれたような不思議な感覚か要素の1つになってるのかもしれませんね。

面白いなー。
  1. 2015/03/12(木) 09:53:25 |
  2. URL |
  3. たま #-
  4. [ 編集 ]

たまさん

しかもかなり重いレコーダー抱えてですからねー。
帰ってから文字起こしとかしてるんだなぁ。素敵だなー。

ゴマは不思議ですね。
不思議な体験は貴重ですよね、今となっては。
  1. 2015/03/12(木) 23:41:00 |
  2. URL |
  3. りへ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/485-dfcd98db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)