ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

斜陽のおもかげ@チャンネルNECO

斜陽のおもかげあらすじ

キャスト
吉永小百合 (木田町子)
新珠三千代 (木田かず子)
岸田森 (谷山圭次)
芦田伸介 (谷山新一郎)
高杉早苗 (谷山千賀)
笹森みち子 (岡見安子)
北林谷栄 (つる)
三津田健 (津田文蔵)
藤田けい子 (津田千代)
藤田尚子(津田正子)
鈴村益代 (おたつ)
相原巨典 (試験主任)
玉村駿太郎 (試験員甲)
広瀬優(試験員乙)
日色恵 (田中貞次郎)
小池朝雄 (ジャーナリスト)

新珠三千代と岸田森と芦田伸介ってこれ「氷点」じゃないの!?
というキャスティングに惹かれて視聴。
吉永小百合が元気いっぱいの女の子(前半まで)役で好感が持てました。
そして岸田森は芦田伸介の息子役で将来を嘱望されている(末は政治家)で
東大で太宰を研究している文学青年です。
それだけでもなんか「氷点」みたいなんだけど。
芦田伸介も同じような役どころだったし。

圭次(岸田森)が太宰の娘である町子(吉永小百合)を
早い話ナンパするんだけど(いや、ものすごく文学的にかつ至高な雰囲気でwww)
私にとってはもう「あの」吉永小百合の相手役になっている岸田森を見るだけで
もう狂喜乱舞ですよ。しかも結構出ずっぱりだし。

太宰の愛人で町子を産んだ母親役が新珠三千代なんだけど
もうほんとに美しくて美しくて…声も艶があって
役は太宰の愛人だった頃のノロケ話をしまくる若干イタイ役なんだけど
三千代様が演じるとかわいらしく見えてしまうのですよ!
小百合対三千代なら断然三千代様の方が凛として美しいよー。ほんと。

後半、小百合さんが太宰の生まれ故郷の津軽を訪れるんだけど
昔斜陽館は旅館だったんですよねー、今は記念館になっちゃいましたけど。
そこに現れる北山谷栄はやっぱりおばあさんwwwww
この人、老け役ばかりとは聞いていたけどやっぱり老け役wwwww
むしろ「大誘拐」の時の方が若々しく見えるよ!?

ラストはまさかのハッピーエンドでした。絶対最後圭次と町子は悲惨な別れ方をすると
思っていたのですが、そのあたりは満足です。
結構とばして見てしまったので時間がある時にきちんと細部を見てから追記したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 15:00:25|
  2. 岸田森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<柳生十兵衛22話 | ホーム | 山口崇の息子さん>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/10/15(木) 17:10:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

岸田森語録―『不死蝶岸田森』より

おっしゃるとおり、素晴らしい本でした! ありがとうございます。以下に印象的な岸田森の言葉を記します。

SFというのはいちばん映画的だと思うんですよ。  46p

ドラキュラというのはね、僕は最もSF的なものだと思うんですよ。 47p

キチガイっていわれた役者って、やっぱりいい役者ですよね。 67p

仕事や収入があっても、何か自分自身、満たされないものがあったのかもしれないね…… (松山政路)144p

みんなに迷惑かけるようなことをしたとしても、人のことも一生懸命やるから、そういうのも彼の持つ良さのひとつだったのかな。(岡本喜八)  150p

森さんはよくドラキュラは植物人間じゃないかって解釈をしていましたね。154p

松田優作君も森ちゃんのことは惚れてると言ってました。 157p

カツラ被ってアイシャドーしてつけまつ毛して口紅して、昨日怖いって言っていた仲居さんの着てる服を着て、僕を起してるの(笑)(水谷豊)170p

全部が勉強だから全部取り入れろ、全部自分の引き出しに入れろと。 182p

とにかく真面目な人が好きですよね。 183p

ドラキュラはやっぱり好きだったみたいですね。 183p

なんかほんとに親しい人間関係というのは僕の目から見るとなかったような気がします(黒澤正義)  185p

納豆巻き五本くらい立て続けに食べちゃって「ごちそうさま」ってパッと帰って行くという。気持ち悪いですよ!(笑)(松永洋志) 190p

銀座線の半分くらい掘ってるかもしれない。 192p

「ガキであること」っていうのは大切だよね。202p

呆れるほど陽気でおしゃべりでしたもの。衿子さんの詩じゃないけど、また、新しい種類の蝶々を見つけに行ってしまったのかもしれないですね。(三田和子) 212p

それから32pの岸田衿子さんの詩が良かったです。

私も宮崎で志音進という名前で詩人をやってます。ではまた。
















  1. 2010/07/04(日) 23:22:23 |
  2. URL |
  3. sion #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/80-3de960fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)