ヲタ嫁日記

俳優 山口崇さんを中心とした、時代劇・懐かしドラマ・アニメ・海外ドラマなどの感想ブログ。昭和スメルがお好きな方へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柳生十兵衛(山口崇主演)♯ 3片眼剣法

柳生十兵衛:山口崇 松平信綱::中山仁
奥平図書助:中谷一郎 おみね:北林早苗
徳川家光:山本亘 瑞代:永原和子
大島勘兵衛:佐野浅夫 空っ風の三九郎:田中邦衛
沢庵宗彭:三島雅夫 荒木又右衛門:緒形拳
柳生宗矩:片岡千恵蔵(特別出演)




各大名が将軍家光の統治下に置かれる事となり、
軍事よりも国政に重きを置かなくてはならなくなった。
頼みの十兵衛がどうなったのか、心配でしょうがない家光。


自分のせいで十兵衛の立場が危うくなったことを後悔して自分を責める家光。

十兵衛3



家光、素直な子!
とはいえ、他の大名の手前、暇を与えることを決心する家光。
家光、けなげな子!



…一方、柳生家では…

出仕がいつになるのか気になるし、目が治らず剣もうまく扱えないんで
ぴりぴりしている十兵衛、うってかわって能天気な又右衛門。


十兵衛


いやー又右衛門が出るとほんと画面がパッと明るくなりますなぁ!
すがすがしい!緒形拳さん最高です!


又右衛門と稽古しても、うまく立ち合えない、
見えない目の裏側には図書之助の顔が浮かぶばかり…苛立つ十兵衛。

十兵衛5


あいつは、いまごろ、何をしておるのか…!!!
十兵衛は図書之助の事が頭から離れません…


場面変わってやさぐれている図書之助、
仕官につられてほいほい十兵衛を斬りにかかって
結局家光が将軍になっちゃったらお払い箱。
自分が浪人である事を憂い十兵衛を相当うらんでおります。
かなりやさぐれております。

十兵衛7


どうでもいいですが中谷一郎がすごいドーランが濃い気がします。
そのせいで顔が大きく見えるんですが…
どうも感情移入ができん。ドーランのせいだw
弥七んときはかっこいいんだけどなー。
図書之助は、立場上どうしても良い性格にはなりえないのですが
どうもこう、なんかダメな人間の臭いがしますよね。

そして図書之助にほの字(古い)のおみね。彼女もまた浪人の娘でありました…
おそらく、父と同じような身の上の図書之助を他人とは思えないのでしょう。

十兵衛6


そして帰りにチンピラに因縁をつけられ、見事な腕前で彼らをさばく図書之助。
それを見ててぇしたもんだと感心するやくざの元締。
佐野浅夫!黄門様じゃないのぉおwww
黄門・弥七のコラボです。


場面は柳生家に戻ります。
父と子の会話。おそらく「一緒に過ごす」という事がままならない父子。

十兵衛9

父から永の暇を告げられる十兵衛。

前々から思っていたんだけど片岡千恵蔵も顔が大きいなぁwww
魔神英雄伝ワタルのガンメンのようなw
いや、いいんですよ。全然。千恵蔵好きですよ!
俳優や女優は顔が大きい方が良いとも言いますし。
でも山口崇と一緒に映ると、そのギャップがwww

「諸用がありますゆえ」と、大事な話を後にする十兵衛。
何かと思ったら女かよ!!!!!

と、旅に出る決心を瑞代どのに告げる。
そして止めない瑞代どの!かわいいいい!!!!

だって、私、ついてっちゃうんだもん♪

十兵衛10

十兵衛様が連れて行ってくれないのなら、瑞代は自分ひとりで旅に出ます♪

あぁかわいい!!!!

困っちゃう顔の十兵衛もかわいい!!!!

瑞代どのはずっと上村香子が演じていると思っていました。
永原和子さんはすぐに引退されたのでしょうか?
出演作品が少ないですね。でもお声も見目もとっても素敵な方だと思います。
台詞にト書きが見えそうな話し方ですが、そこもまた可愛いところw


さてさて、図書之助は勘兵衛からやくざの用心棒にならないか、とのオファーが。
そしたらおみねとも一緒にしてやってもいいと。
自分は物乞いだーなんだーとさらにやさぐれる図書之助。
あーもーこいつなんか最低。女々しすぎ。

図書之助をつけてきた三九郎はあっさり見つかっちゃって、
果たし状を十兵衛に持っていく役目を負わされる。

十兵衛12


三九郎が出てきても、やっぱり明るくなるね。でもこれ、
大空港でもおんなじこと思うんだよな。
やっぱ大空港は片平なぎさと田中邦衛でしょー。


場面はまた柳生家に戻る。ちょっと場面転換が多くない?
その辺今回説明的な感じがします。まあしょうがないんですけど。

又右衛門は宗矩の内弟子扱いに。又右衛門は相当不服!
もったいない話ですけど、そりゃー十兵衛が好きで弟子になったんだもんね。
でも、ここで十兵衛。
「わしはいつもお前と一緒にいるぞ」

十兵衛11


と脇差を又右衛門に渡す十兵衛。きゃー!きゃー!
いやー胸がキュンとなるわー!又右衛門もどれだけ嬉しかったでしょう!
私だったらその一言で1ヶ月位過ごせると思います。はい。

そして、宗矩が「三九郎から預かった」と図書之助からの果たし状を十兵衛に渡す。
三九郎、どうやって宗矩に渡したんだろう…

その果たし状を抱えた十兵衛は、
家光、信綱との別れ。あー信綱との友情、えーわー。
なんかに似てるんだけどなんだろう。
ラインハルトとキルヒアイスかなぁ。むー?
あ、あれだ、陰陽師の安倍晴明と源博雅かしら。
中山仁は博雅やれたよなー。

決闘前に沢庵和尚のもとへ向かう十兵衛。

りりしいわー。美男子だわー。でも後の十兵衛を知っていると
なんつかこーね、余裕のなさが伺えるわね。

十兵衛13


和尚から「陰と陽、光と陰」という教えを受け、十兵衛は戸惑う。
それが何を意味しているのか?
己の影と向き合いながら、砂浜に置いた扇を斬る十兵衛であった。

が、まぁ、自分の影を見て戦うというイメージになってるけど、
和尚はそういう事いいたいわけじゃないよねぇ。
なんか結局この教えってどっかでわかるんでしょうか。



十兵衛14


そして浜辺での決闘。会話を交わすでもなく
剣を交えるふたり。

沢庵和尚の教えがあってか、十兵衛の圧倒的勝利に終わる。

見守っていたおみねが図書之助にかけよる。
図書之助は一命を取り留めて、多分その後おみねとハッピーエンド。

でもさ、これ、やくざはどうなんの?てか、やくざの話はどこへいったの???
スルー???佐野浅夫のくだり全然いらないんじゃ…

と盛りだくさんゆえに消化不良の第3話でした。

十兵衛は旅立ってからの方が俄然魅力があるから、この3話の十兵衛、ちょっと微妙。
すねてる感じがするんだよね~。
まぁすねてるんだろうから山口崇の演技がすごいって事でしょう。


キャプチャの写真をいったんフォトショップで補正かけましたー。
なるべく放送当時の画像に近づけたかったというのがありまして♪

でも、写真が多いとちょっとうるさいですかね。
あと、重い。次回からは自重しようかなぁ…







署名TVにて、
山口崇主演NHK時代劇「天下御免」の映像提供呼びかけ及びDVD化
について、署名活動をしています!1人でも多くの署名をお待ちしております!
リンク先はこちら!
http://www.shomei.tv/project-1081.html

携帯からはこちら!
http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1081


是非御協力お願い致します!!!




スポンサーサイト
  1. 2009/05/01(金) 22:58:41|
  2. 柳生十兵衛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<真田志郎を描いてみた2 | ホーム | 山口崇 柳生十兵衛 の好きなシーン>>

コメント

こんにちわ!
永原和子は上村香子に変名したんですよ。つまり同一人物です。私も最初あれ?と思いましたが、人に指摘されて、気づきました。wikipediaにも載ってるはず。
ここの回で、瑞代さまが池の石橋を渡ろうとする時、十兵衛がさりげなく手を取ってあげるシーンが私は大好きです。
十兵衛は柳生家の御曹司なわけで、山口十兵衛は貴公子たる十兵衛をいかんなく演じきっているところがいいんですよね~。
  1. 2009/05/02(土) 13:12:18 |
  2. URL |
  3. ポポ手 #J7nTh0B2
  4. [ 編集 ]

ああやっぱり!

そうか…永原和子の名前で調べていたからわからなかったんですね…
わが愛しの紀子さんでしたか!(俺たちの旅のグズ六の恋人役の紀子さんがすっごい好きです!)
ってことは、あの話し方はわざとなんだなー。

十兵衛はほんとだったら雲の上の人なわけで。品があるはずなんです。にじみ出ちゃう♪みたいな。
きゅっと向きを変えて瑞代どのが十兵衛を翻弄するシーン好きだなぁ。
  1. 2009/05/02(土) 13:58:27 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

写真、嬉しいです!

昨日NHKアーカイヴスへいって「天下御免」を観てきましたよ・・・とお伝えしようと思って来たらなんと十兵衛さまのお写真が盛りだくさん・・・。

なにせ今回見始めたのが12話からなので最初の3分の1は見ておらず再放送されるまで見れないと思っていたからと~っても嬉しいです。りへさんが心奪われたシーンはYoutubeで見ましたよ。最初に見たのが子供の時だったので十兵衛に恋焦がれていたことしか覚えていないのですけど、目を切られた時のことはなんとなく覚えているんです。子供心に目の傷がまたかっこいいと思ってた。

で、「天下御免」。自身の成長の過程でいつもそこにいた俳優陣たちとの再会は、懐かしさと同時に新しい出会いのようでもありました。林隆三、津坂匡章もまた好きな俳優だったので感慨無量です。山口崇は当時としてはモダンだったのか、にしては古風でもあり、プラス知的で何をやってもサマになる。顔から首のラインがまたいいんだな~。

それから「天と地と」で政景が討ち死にするシーンも観てきました。時間の関係で早送りしながら見たのでいつ目をやられたのか、あの美しいお顔も覆われて半分しか拝見することはできなかったけれど、平教経役を彷彿とさせる素晴らしい演技でした。顔半分隠れていても美しかったです。
  1. 2009/05/02(土) 16:00:55 |
  2. URL |
  3. さむ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは♪

写真、キャプチャして、プリントスクリーンして、
フォトショで加工してって作業があるんで
エピソード書くより時間かかるんですが、レビューも早くアップしたいし
でもやるならきちんと書きたいし~っ
頑張ります!

天下御免の源内さんの方が山口崇にしっくり来ていて好きなんですよ。
いい人だけど自分勝手なところとかすごくいいです。
図書館に脚本集ありますよ。

秋野太作は「泣いてたまるか」に中学生役で出てました。あと渡辺篤史も。
芸歴長いわ…

私も近日ライブラリーに行くつもりですが
世界わが心の旅で戦死した父の影を求めて中国いくんですよ。
本放送見てなかったなぁ。
夏目房之助と小山内美江子の回は見たんだけど。

息子さんが中国留学したのもそういう理由があったのかしら。

そういえば3人お子さんがいらっしゃるはずなんだけど
巳織さんと巳津也さんのご活躍はわかりますが
もうお一人は市井の方なのかしら。
  1. 2009/05/02(土) 17:03:59 |
  2. URL |
  3. りへ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ishidarie.blog118.fc2.com/tb.php/92-ac4c8aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)